お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

アナタならどうかわす? 親や親せきからの「結婚しないの?」攻撃

心配しているのはわかるけれど、何度も言われるとイヤになってくる「結婚しないの?」の言葉。昔ほど結婚を重要視する女性が多くないとはいえ、親や親戚のオバサマ世代はまだ保守的です。今回は働く女性に、結婚予定の有無を聞かれたときのかわし方を聞いてみました。

■相手がいないから予定もなし

・「『まったくモテないからもう無理そう』って言いました」(30歳/建設・土木/事務系専門職)
・「『星の数ほどいる男どもの中から現在吟味しているところです』と言っている」(31歳/事務代行/事務系専門職)
・「『だったら、相手を紹介してよ!』と言う。それで紹介してもらったことはないけど」(26歳/医療・福祉/その他)

「結婚する気がないわけではない」。これがわかるだけでも相手はホッとするかもしれません。当分、この調子でのらりくらりとかわしていきましょう。

■結婚以外にやりたいことがある

・「やりたいことがあるから。今は資格取得のための勉強を理由にしている」(24歳/医療・福祉/専門職)
・「『自分のことで精いっぱいだから』と言います」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「『早朝シフトが始まったばかりだから』と言いました」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

好きなことに打ち込んで輝いている女性はステキ! それが主婦業や子育てではなく、趣味や仕事の場合だってあるのです。

■結婚自体に興味がないことを理解させる

・「『結婚願望がない。結婚したいと思うお手本が周囲にいないなあー』と言うと皆納得します」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「『もうそんな時代ではない』と言う」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「『結婚する気がない』とか『子どもを産んでもきっと虐待するから』と答えています」(22歳/医療・福祉/専門職)
・「『来世でね』と言う」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

血のつながった人間でも価値観はちがいます。親と同じように生涯の伴侶を見つけようとするとは限りません。ここに挙がったセリフを見れば一目瞭然ですね。

■あれやこれやで反撃する

・「大きなお世話。『夫婦関係が破綻している両親には言われたくない』と怒鳴る」(25歳/機械・精密機器/営業職)
・「『なんで結婚しないといけないの?』と質問で返す」(28歳/ソフトウェア/技術職)
・「何も言わず会話をスルーする」(22歳/その他/その他)
・「『黙れ』って言う」(27歳/マスコミ・広告/営業職)

怒鳴ったり無視したり、相手が不快に思いそうですが、こちらだって、それ以上にイライラしています。多少の反撃は正当防衛!?

相手がいなかったり、結婚以外のことに興味があったり、おそらく自分の考えや行動に近い回答が見られたのではないでしょうか。しかし、きちんと理由を告げても「結婚しろ」攻撃は止まらなさそう。そのテの話になったら、とにかく逃げるが勝ち! かもしれませんね。

(OFFICE-SANGA 中澤美紀子)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年10月にWebアンケート。有効回答数228件(22~34歳の働く女性)。

※2014年11月18日、本文の一部に訂正がございました

お役立ち情報[PR]