お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 好かれるメーク

これだけはやめて! 彼女のメークで直してほしい5つのポイント

恋愛真っ最中の女子としては、いつだって完璧メークで彼に接したいものです。そのための努力を欠かさない女子も多いはず! しかし男性としては「このメークはちょっと……」と思ってしまうこともあるようです。男性が彼女のメークで「ここだけは直して!」と思ったエピソードを伺いました。

■目元に気合を入れすぎじゃ……!?

・「マスカラつけすぎ。泣くとパンダになっていたから」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「まつ毛が多いこと。眼球の負担が大きい気がする」(31歳/商社・卸/営業職)

・「ラメかなにかでキラキラしすぎな目元」(24歳/機械・精密機器/技術職)

男性の注目を集めるためにも、気合の入るアイメーク。「目力」なんて言葉も、よく耳にしますよね。ただやりすぎると、どうしても男ウケが悪くなりがち。また、すっぴんとのギャップも大きくなってしまい、結局彼をガッカリさせてしまいそうですね。

■眉毛を直して!

・「太眉がはやっているからって、似合わない眉毛はやめてほしいです」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「眉毛が細すぎる。時代を感じるから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

目立たないようで、意外と目立つのが眉毛です。もしも彼の目線があなたの目の上あたりで止まっていたら……、「なんとかして!」と思っている証拠なのかもしれません。

■大人の魅力ゼロ

・「ほっぺをオレンジにすること。子どもっぽいから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

肌の血色をよく見せてくれるチークに、なんと「子どもっぽい」という男性意見が! 色味とのせ方を研究する必要がありそうです。

■不自然です……

・「首と顔の色がちがうようなメークはしてほしくない」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「塗り壁」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

カバー力を求めて、ファンデーションを重ねたくなる気持ちはわかりますが、男性は意外と細かくチェックしています。心当たりがある人は、一度ファンデーションの色味を見直してみたほうがいいかも。

■とにかく濃すぎます!

・「夜の商売をしているように見えるメークは改善してほしい」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「とにかく化粧が濃い人がいました。一緒に歩くのが嫌だったので、もう少しナチュラルにしてほしかったです」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

彼女のメークが濃すぎることに、深い悩みを抱える男性の意見です。一生懸命にがんばっているのに……まさかこんな風に思われているなんて!? ズバッと言われるとさすがにショックなので、気になる人は一度「私のメーク、どう?」と聞いてみては? 意外な本音が聞けるかも。

女子の「ちょっと変ながんばりメーク」に、ひと言物申したい男性が多いことがわかりました。男性は、女子のナチュラルメークが好きなもの。少しずつシンプルなメークを心がけてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年11月にWebアンケート。有効回答数103件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]