お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ごほうび旅行

知って得する! ヨーロッパ旅行で使わないと損なサービスや特典7つ

マダムリリー

ヨーロッパ物価高に加え、ユーロ高もあって、旅行者には敷居が高いヨーロッパ旅行。しかし、賢くお得に旅する技を知っていると、節約しながらでも物価の高いヨーロッパを十分満喫できるんです。そこで今回は、現地のヨーロッパ人に聞いた「お得に楽しくヨーロッパを旅行するために知っておくと便利なサービス」を7つご紹介します。

1、オイスターカード(ロンドン)

オイスターカードはロンドン市内の公共交通機関で使用されている非接触型ICカードです。オイスターカードで乗り物に乗ると通常価格の約半額で乗車できます。使い方はとても簡単で、日本のSuicaやPASMOのように乗車ごとにカードから運賃を差し引く利用方法になっています。オイスターカードを利用するのとしないのとではロンドンでの交通費に大きな差がでます。出発前に日本でオンライン購入もできるので、ロンドンに行く場合はオイスターカードを必ず入手しましょう。

2、コーヒーは立ち飲み(イタリア)

美味しいコーヒーが飲めるイタリア。イタリアのカフェ(バール)では、カウンターでコーヒーを立ち飲みするイタリア人をよく見かけます。カウンターの周辺は混んでいるのに、テーブル席がたくさん空いているという光景も珍しくありません。それもそのはず!イタリアでは、立ち飲みとテーブル席ではコーヒーの値段が違うのです。立ち飲みコーヒーはエスプレッソで約80セント、テーブル席で飲むと約2ユーロと、座って飲むと倍の値段を支払うことになります。イタリアンコーヒーを堪能するカフェ巡りをしたい方は、コーヒーは立ち飲みするとお得です。

3、第一日曜日は美術館無料(パリ)

ルーブル美術館やオルセー美術館など、パリの主要な美術館15館が毎月第一日曜日は無料です。また、7月14日の革命記念日や9月半ばの文化遺産の日も美術館が無料になります。普段は10~20ユーロほどする入場料が全て無料になるので、パリで美術館巡りを予定している方はこれらの時期に合わせて旅行日程を組むとかなり節約できます。

4、ベルリンウェルカムカード(ベルリン)

ベルリンを訪れる際はベルリンウェルカムカードを購入しておくと、かなりお得に観光ができます。ベルリン市内の公共交通機関全てが乗り放題になるだけでなく、美術館やレストラン、ガイドツアー、エンターテイメント、遊園地、ショッピングモールなどの200以上の商業施設が入場料無料、または最大50%割引になるクーポンが付いています。
参照:http://www.visitberlin.de/ja/node/658544

5、スチューデントホテル(アムステルダム)

ヨーロッパで安い宿泊施設といえば、ホステル。でも、何となくホステルは抵抗があるという人におすすめなのが、アムステルダムにあるスチューデントホテルです。学生寮のようなアットホームさが売りのこのホテルは、もともとはアムステルダムに来た留学生のために作られたもの。1泊50ユーロからという安さに加え、ジムや卓球台、図書室などが完備されています。できるだけ安く、しかも安全に旅行したいというカップルに人気の高いホテルです。
参照:http://www.thestudenthotel.com/

6、フリーツアー(ヨーロッパ全域)

女性のヨーロッパ一人旅におすすめしたいのが、サンデマンズニューヨーロッパ(SANDEMANs NEW EUROPE)という新しいタイプのツアーガイドサービスです。ヨーロッパの主要な18都市をプロの旅行ガイドに案内してもらうサービスですが、料金は無料でガイドにチップをあげるという仕組みになっています。旅行も女性一人だと何かと不安だったり、話し相手がほしくて孤独だったりしますが、現地のガイドと街を回れば様々な情報を知ることもでき、値段以上の満足感が得られること間違いなしです。残念ながら日本語でのガイドはありませんが、ヨーロッパで今注目を集めている人気ツアーガイドシステムです。
参照:http://www.newparistours.com/

7、ラフォシェット(フランス)

フランスの旅行の楽しみといえば、やっぱりグルメ。フランスのおいしいレストランを選ぶための口コミサイトとして人気を集めたラフォシェットですが、このサイトの一番素晴らしいところは何といっても割引制度。「ラフォシェット」上でレストランの予約をすれば、通常価格から20%~50%引きにしてくれます。このサイトを利用して美味しいレストランを調べ、サイトを通して予約ができ、さらに割引までしてくれるという優れものです。フランス旅行でのレストラン選びにぜひ役立てて下さい。
参照:http://www.lafourchette.com/


(マダムリリー)

お役立ち情報[PR]