お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

恋愛にも通じる! 褒めと感謝がポイントに「仕事で達成感を得た瞬間」5選

パソコン会社で仕事をまかされるとき「うまくできるだろうか」「もし失敗したら……」なんて責任を重く感じてしまいがち。でも、その仕事が成功に終わったときの達成感は、また次の仕事へのモチベーションにも繋がります。今回は、仕事で達成感を得た瞬間を働く女性に聞いてみました。

【営業マンの出来る人と出来ない人の違い5つ「ポジティブ」「相手にしゃべらせている」】

■上司に褒められたとき

・「ねぎらいの言葉を上司からかけてもらったとき」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「上司に『君を採用してよかった』と言われた」(31歳/不動産/秘書・アシスタント職)

何と言っても上司に直々に褒めてもらえたときの喜びは特別なもの。自分が将来なりたいと思っている立場の人から認められたときの達成感はある意味快感です。

■顧客に感謝の言葉をもらったとき

・「お客から『ありがとう』と感謝の言葉を言われること」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「お客様から、感謝のお手紙をいただいた」(33歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

「ありがとう」の大切さは、お客と直接触れ合う立場の人間だからこそ感じるうれしさ。感謝の言葉と笑顔に励まされ、仕事にも力が入ります。

■自分の存在が周囲から認められたとき

・「自分が作成したものがお客様に認められたとき」(23歳/情報・IT/技術職)
・「私がいて助かった、と周りに言われたとき」(31歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

社会の一部になれたような手ごたえのある瞬間。頼られたり、仕事をまかされるようになったりすると自分の技量が認められたのだな、と人知れずガッツポーズすることも。

■大量の仕事をこなしたとき

・「定時までにきっちり仕事が終わると達成感がある」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「期日までに、完成度の高い仕事を達成したとき」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

今日中に終わるのかな……と大量の仕事を前に呆然としてしまいそうですが、それらをすべて片づけたときの「やりきった」感は、やった人にしかわからないものがありますよね。

■大きな仕事をやり遂げたとき

・「取引先との契約が締結された際」(23歳/その他/事務系専門職)
・「繁忙期をトラブルなく乗り切ったとき。また、トラブルを無事に解決できたとき」(28歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

時間をかけて作り上げてきた仕事がついに実を結んだ瞬間。人材や資料をうまく使って成功を収めた自分に、ご褒美をあげたくなりそう。

喜びと達成感を味わうシチュエーションは人それぞれ。しかし、共通しているのは「人に認められた」という社会の一員としての仕事ができたときのよう。さらに自分をステップアップさせ、仕事の出来る人と会社の中でも一目置かれる存在になりたいものです。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年10月にWebアンケート。有効回答数179件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]