お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 愛されメイク

“手を抜きがちなメイク”の2位「アイメイク」、1位は?

ほぼ毎日するメイクですが、いつものメイクをするのが面倒に感じることはありませんか? そこで、「手を抜きがちなメイクのステップ」について、働く女子に聞いてみました。

Q.あなたがつい手を抜きがちなメイクのステップはどれですか?
1位/リップメイク……47.3%
2位/アイメイク……32.2%
3位/アイブロウ……21.1%
4位/チーク……19.5%
5位/ベースメイク……9.1%
※複数回答式。

■1位 「リップメイク」
・「もともとピンク色の唇なので、だいたいリップをつけて終わり」(22歳/金融・証券/営業職)
・「すぐにとれちゃうから、基本的にしない」(28歳/情報・IT/技術職)
・「メイクの最後にやるので、時間がなくなってくると適当になる」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「一番手軽に塗れるから、ついつい適当になりがち」(30歳/不動産/専門職)

もっとも「手を抜きがち」なのは、リップメイクという結果となりました! 口紅、グロスともに手軽に塗れるためか、あと回しにしがちなようです。

■2位 「アイメイク」
・「マスカラをするのが面倒」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「アイライナーを引くのが難しくて、結局挫折している」(31歳/不動産/事務系専門職)
・「やることが多いので、面倒なときは省くことも多くなる」(27歳/ソフトウェア/技術職)
・「アイメイクは、時間をかけようと思えばいくらでもかけられてしまうから」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

2位はアイメイク。いつもアイメイクに時間をかけている人ほど、忙しいときは手を抜いてしまうのかも。

■3位 「アイブロウ」
・「前髪で隠れるから、ちょっと手を抜いてもバレない」(23歳/その他)
・「もともと眉が濃く、手をかける必要があまりないから」(27歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

前髪を作っていて眉毛が見えない人や、もともと眉が濃い人は、あまり手をかけなくても問題ない、と思うようです。

■4位 「チーク」
・「なくてもなんとかなると思ってしまう」(30歳/通信/事務系専門職)
・「上手なチークの入れ方を知らないので」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「やり過ぎても変になるし、時間がないときは塗らない」(24歳/機械・精密機器/事務系専門職)

チークをしなくても気にならない、という意見のほかに、チークの入れ方がわからない、という人も。たしかに、上手なやり方がわからないと「つけなくてもいいか」と思ってしまうかも……。

■5位 「ベースメイク」
・「手間がかかるので、ついつい適当にやってしまう」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「がんばってもあまり変わらないから」(26歳/その他)

ていねいにすればするほど時間がかかりがちなベースメイクに、手間を惜しむ意見が寄せられました。

忙しい時間帯は、どうしてもメイクも手抜きになりがち。自分の中で「ここだけは譲れない」というメイクのポイントを決めておくといいかもしれませんね。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数298件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]