お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
恋愛

正直どうなの? 経験者女子が語る「続く遠恋」と「終わる遠恋」のちがい

社会人カップルには、「どちらかの転勤で、遠距離恋愛になる」というリスクが付き物。遠距離恋愛になったからといって、2人の気持ちは変わらないと思いたいけれど……実際のところどうなのでしょうか。働く女子たちの「遠恋」経験のある女性たちに、「続く遠恋」と「続かない遠恋」のちがいをズバリ聞きました。

■マメな連絡

・「お互いに好きでいることを伝え合うのが一番! 毎日メールと電話で『好き』『愛している』と何回も言っていた。っていうか本当に好きだったら、さびしかろうがなんだろうが好きでいるしかないので、終わりようがない……」(27歳/情報・IT/技術職)

・「テレビ電話などがないと、声だけだと冷めちゃう」(31歳/学校・教育関連/営業職)

最も多く集まったのが、この意見。「続く遠恋」には、マメな連絡が不可欠なよう。遠恋が決まったら、まずは自分たちに合ったコミュニケーション方法を模索するところからスタートしましょう。

■一人の時間を楽しむ

・「お互いに一人の時間を楽しめるかどうか。一人の時間を楽しめず相手に依存する恋愛は上手く行かない。相手を信頼できるかどうか。離れている間に浮気や心変わりをしないかと過剰に不安になるのはマイナスだから」(27歳/機械・精密機器/技術職)

彼とのつながりを保ちつつも、一人の時間を楽しむのが、遠恋のコツのよう。寂しさばかりを抱えていると、どうしてもネガティブに。彼にぶつけないためにも、気分転換は大事です。

■お互いに努力!

・「お互いに途中まで会いにくるくらいの気持ちがなければ無理」(28歳/電機/技術職)

・「お互いに行き来しあえばいいと思う。どちらかばかりがいつも通っていると疲れる」(31歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

いつも自分ばかりが会いに行ってしまうと、相手にとってはそれが当たり前になってしまいます。最初に2人の間でルールを作っておきましょう!

■遠恋を楽しもう!

・「むしろ遠距離の方が新鮮でよかったりする」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「現在進行形です。関係を続けなきゃと意気込むよりは、自然消滅してもいいやと思えるくらいゆるい方が長続きすると思います」(32歳/医療・福祉/専門職)

遠恋なら、変な「惰性」や「慣れ合い」も生まれませんし、自分の時間も十分に楽しめます。恋愛だけにとらわれないことで、遠恋は、むしろベストな恋愛スタイルになるのかもしれません。

■こんな人には向きません

・「お互い会えないストレスがたまってしまい、嫉妬ばかりしてしまった」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「続く続かないは性格の問題だと思う。私は近くにいないと嫌なので近場ですぐに別の彼氏を作った」(28歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

中には、どうしても遠恋には向かない人もいるようです。一緒の時間を何より重視したい方にとっては、遠恋はやはり苦痛なもの。早めに気持ちを切り替えるのも、一つの方法だと言えそうです。

■まとめ

今現在、「遠距離恋愛なんて、本当にできるのかな……」と、不安になっているアナタ! ぜひ経験者の意見も参考にして、「続く遠恋」を目指してみてくださいね。

※マイナビウーマンにて2014年8月にWebアンケート。有効回答数136件

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]