お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

「おいとまする」の意味と使い方~他人の家をおいとまするときのマナーとは~

金森たかこ(マナー講師)

日本には「おいとまする」という、去り際を美しく表現する文化があります。

相手に敬意を払い、感謝の意を伝え、よりよい関係を築いていくコミュニケーションといえるでしょう。

去り際が美しい女性は、印象に残ります。

「おいとまする」という言葉の意味を知り、その言葉を口にするときのマナーを身につけ、実践していきましょう。

「おいとまする」とは

まずは、「おいとまする」の意味と、使い方をみてきましょう。

「おいとまする」の意味

「おいとまする」という言葉を『三省堂新明解国語辞典』(2017年版) で調べると「『辞去する・帰る』の意を相手に伝えるのに用いる」とあります。

「辞去」とは挨拶をして訪問先を去ること。

つまり、訪問した側が帰る意思を伝え、挨拶をするということです。

「おいとま」は「お暇」と書き、本来は「暇(ひま)」や「休み」を指します。

元々、奉公人などが主人など目上の人に対して、仕事を休む際や辞める際などに「おいとまをちょうだいする」などと表現していました。

それが転じてその場を辞去する際に「おいとまする」と表現するようになったのです。

「おいとまする」の使い方のマナー

個人のお宅や会社に訪問した際、用件が終わって帰るタイミングで、訪問した側が「帰る」ということを先方に告げるときに使う言葉が「おいとまする」です。

先方はそろそろ帰ってほしいと思っていても、「帰っていただけますか」とは言いにくいもの。

「おいとま」は、「訪問した側から」切り出すのがマナーと心得ておきましょう。

「そろそろ帰ります」という直接的な表現はなるべく避け、「そろそろおいとまさせていただきます」といった表現を使用します。

次ページ:知っておきたい「おいとまする」ときのマナー

お役立ち情報[PR]