お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

乾いたタオルで汗を拭くのはNG!? あせもの正しい対処法

汗を拭く女性■あらゆる部位にできるから、適切なケアを

あせもの原因は、汗管という汗の通り道が塞がれてしまうこと。それにより、汗がヒフ内にとどまり、ブツブツとした小さな水疱となってしまうのです。できやすい部位は、頭やおでこ、首、脇の下、肘やモモの内側、ヒザの裏側、脚の付け根やお尻といった、汗をかきやすい箇所です。

一般的に、乳幼児にできやすいのですが、最近では、大人でもあせもに悩む人が増えてきています。

あせもは、かきむしってしまうと症状が悪化して、湿疹化や二次感染を生じさせる場合があります。また、大人の場合は子どもに比べて傷跡が残りやすく、色素沈着する場合もあるので要注意。しかし、比較的症状が軽いうちであれば、適切なスキンケアで1週間以内には治りますよ!

■汗疹対策に有効な3つの方法

1:大量に汗をかかないようにする
室内ではクーラーで適温をキープして、あまり汗をかかないようにするのもひとつの手。また、通気性、吸汗速乾性に優れたインナーを活用して、汗をヒフにいつまでも残さない、といった工夫も有効です。

2:汗を放置しない!
汗をかいたまま放っておくと、アカや汚れによって汗の出口をふさいでしまい、つまりやすくなります。そのため、汗をかいた後はシャワーを浴びて洗い流すようにしましょう。シャワーをこまめに浴びられない場合は、濡れタオルや体専用のウェットティッシュなどで汗を拭き取ることも有効。避けたいのは、乾いたタオルで汗を拭くこと。これでは、水分は吸収できるけれど、老廃物は肌に残ってしまうのです。そして、汗を流した後はベビーパウダーで肌をサラサラに。しかし使い過ぎると汗管を詰まらせてしまい、かえって、あせもを悪化させてしまうこともあるので、ほどほどに。

3:湿疹には塗り薬で対処
赤いボツボツ(湿疹)は、肌が炎症を起こしているサイン。なるべく早く、治癒するためにも炎症を抑えるお薬(ステロイド薬)が有効です。その際、必ず医師による診断が必要になるので、皮膚科を受診し、適切な外用薬を処方してもらいましょう。

■まとめ

「あせも」に似た症状に、アトピー性皮膚炎、にきび、カビ、とびひ、といった皮膚病の可能性もあります。自己診断ではなく、症状が続く場合は、皮膚科を受診してください。

※画像は本文と関係ありません

(29歳女性内科医/Doctors Me)

お役立ち情報[PR]