お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

入院中「お化けを見た」人が2%!? 入院に関する調査「ライフネット生命調べ」

ライフネット生命調べ 入院に関する調査

ライフネット生命保険は2014年5月15日〜20日の6日間、20〜49歳の男女を対象に、「入院に関する調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)で実施し、1,000名(入院経験者500名、入院未経験者500名)の有効回答を集計した。

【入院リスクへの最強コンビ「高額療養費制度+限度額適用認定証」って?】

■入院経験者に聞いた、入院中の困ったこと

入院経験者(500名)に、入院中や退院後に困ったことを聞いたところ、「体力が落ちた」33.2%、「暇だった、やることがなかった」33.0%、「お風呂に毎日入れなかった」27.0%、「食事が美味しくなかった」22.0%が上位となった。

金銭面では、「退院時の支払い」が17.6%、「収入が途絶えて生活が苦しくなった」は8.8%だった。

同室の患者さんに困った…という経験者もおり、「同室の患者のいびきで眠れなかった」16.0%、「同室の患者のおしゃべりでストレスが溜まった」12.6%と挙がった。「お化けを見てしまった」という回答も2.0%で僅かながらいた。

■入院がきっかけの珍しい体験

入院経験者(500名)に、入院中や退院後にした珍しい経験を聞いたところ、「他の患者と、退院後も仲良くなった」が15.0%でもっとも多く、「知り合いが同じ病院に入院していた」が9.4%だった。

入院がきっかけで彼氏・彼女と出会えた人も僅かながらみられ、「医師・看護師と、入院がきっかけで付き合った」や「お見舞いに来てくれた友人と、入院がきっかけで付き合った」という“入院がきっかけでお付き合い”した人は3.0%、「医師・看護師と、入院がきっかけで結婚した」や「お見舞いに来てくれた友人と、入院がきっかけで結婚した」という“入院がきっかけで結婚”した人は0.8%だった。

■入院を通じて気づいたこと、学んだこと

入院経験者(500名)に、入院を通じて、思い直したこと・気づいたことを聞いたところ、「家族(配偶者以外)にあらためて感謝した」60.2%、「配偶者・恋人にあらためて感謝した」36.2%、「自分の健康にもっと気を遣おうと思った」30.6%、「貯蓄を増やそうと思った」20.0%、「友人・知人にあらためて感謝した」19.6%と続いた。

男女別にみると、貯蓄や保険について考えた人の割合は、男性よりも女性のほうが高くなり、女性では「貯蓄を増やそうと思った」は女性26.0%、男性14.0%、「保険の加入や見直しをしようと思った」は女性22.4%、男性12.8%となった。

■もし入院したら心配なことは

入院未経験者(500名)に、もしも入院するとしたら心配なことは何か聞いたところ、「入院や手術にかかるお金」が86.8%で最も高く、「入院期間」がどのくらいになるのかが63.2%と続いた。

有職層についてみると、「職場復帰ができるか」が41.8%、「担当している仕事の状況がどうなっているか」は36.8%となり、仕事に関する心配も挙げられた。

既婚層では「夫・妻が1人で生活(家事)できているか」23.4%、子どもがいる層では「子どもの世話をしてもらえているか」26.9%が多かった。

配偶者については、特に女性のほうが心配なようで、「夫・妻が1人で生活できているか(家事ができているか)」は既婚男性の2割(18.3%)に対し、既婚女性では3割(29.8%)となった。

入院未経験者(500名)に、≪精神的な支え≫と≪身の回りの世話≫について、もしも入院するとしたら頼りにしたい人を聞いたところ、≪精神的な支え≫では、「配偶者・恋人」が40.0%となり、「母親・義母」19.8%の2倍の割合となった一方で、≪身の回りの世話≫では、「母親・義母」36.6%が最も多い結果だった。

■もし入院するなら・・・

全回答者(1,000名)に、もしも入院することになるとしたら“○○だったらいいな・○○があったらいいな”と思うことを聞いたところ、もっとも多かったのは「食事が美味しい」で58.5%、「個室料金(差額ベッド代)が安い」54.8%、「個室で入院したい」50.7%、「無料で使えるPCがある」42.3%と続いた。

男女別にみると、多くの項目で男性よりも女性のほうが希望する割合が高かったが、「イケメン・美人な医師・看護師のいる病院がいい」では男性のほうが高く、2割(21.0%)となり、意識差が明らかになった。

また、子どもがいる女性(ママ)では「子どもの世話を見てくれる施設がある」が29.8%だった。

■入院の備えはできてますか

もしも明日入院することになったら備えができているか、≪医療保険(加入している、必要な入院給付金日額がある、手術の保障があるなど)≫、≪お金(医療費の支払い、諸雑費の費用など)≫、≪知識(高額療養費制度、医療保険の適用範囲など)≫について聞いた。

入院経験者(500名)は、準備できている割合は、≪医療保険≫では63.2%、≪お金≫39.0%、≪知識≫39.2%で、医療保険以外は半数に満たない結果だった。

入院未経験者(500名)は、準備できている割合は、≪医療保険≫では51.0%、≪お金≫32.6%、≪知識≫25.0%となり、いずれの項目においても入院経験者よりも低くなった。

『調査概要』

■ 調査タイトル 入院に関する調査

■ 調査対象 ネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員を母集団とする20〜49歳の男女
■ 調査期間 2014年5月15日〜5月20日
■ 調査方法 モバイルリサーチ
■ 調査地域 全国
■ 有効回答数 1,000サンプル
■ 実施機関 ネットエイジア

(エボル)

お役立ち情報[PR]