お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 エンタメ全般

「スピッツ」のシングル表題曲ランキング! 2位は『空も飛べるはず』、1位は?

今まで気にはなっていたけれど、“詳しくは知らない”、“どんな内容なの?”と疑問に思っていたさまざまなエンタメ情報をご紹介! スキマ時間に読んで、女子会や飲み会での話題にも♪

先日最終回を迎えたドラマ『あすなろ三三七拍子』の主題歌には、スピッツの『愛のことば -2014mix-』が起用されていましたね。スピッツの楽曲は、ドラマや映画、CMなどにも使用されることが多く、印象に残っている人も多いのでは? そこで今回は、スピッツがこれまでに発表してきたシングルの表題曲の中で好きな作品を、働く女子に聞いてみました。

Q.スピッツがこれまで発売したシングル表題曲の中で、あなたが好きな作品は?
●1位/『チェリー』……45.2%
○2位/『空も飛べるはず』……33.9%
●3位/『ロビンソン』……23.2%
○4位/『涙がキラリ☆』……8.5%
●4位/『楓』……8.5%
○6位/『渚』……6.8%
●7位/『スパイダー』……5.1%
○8位/『君が思い出になる前に』……4.5%
●9位/『遥か』……3.4%
○9位/『スターゲイザー』……3.4%
●9位/『魔法のコトバ』……3.4%
※単一回答式・12位以下は省略

◆1位 『チェリー』
・「何回聞いても飽きない曲。青春時代を思い出す」(24歳/電機/事務系専門職)
・「いつまでも口ずさめる名曲」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「青春なイメージ。私の地元が舞台という説もあって好きでした」(26歳/学校・教育関連/技術職)

◆2位 『空も飛べるはず』
・「耳に残っていて、ふとした瞬間に口ずさみたくなる」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「『白線流し』が好きだったから。ドラマの内容とよく合っているなと思いました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「学生のころ、みんなで合唱した思い出がある」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

◆3位 『ロビンソン』
・「メロディが大好き」(28歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「スピッツを知った最初の曲だから」(29歳/情報・IT/営業職)
・「イントロを聞くだけでワクワクする」(28歳/金融・証券/営業職)

1位は『チェリー』でした! 1996年に発売され、ミリオンセラーとなった大ヒット曲です。「青春時代を思い出す」という意見が目立ちました。つじあやのさんなど、多くのアーティストにもカバーされており、スピッツの代表曲といえばこの曲を思い浮かべる人も多いはず。

2位は『空も飛べるはず』がランクイン。同曲は、ドラマ『白線流し』の主題歌。ストーリーにもマッチした、切ない歌詞やメロディに懐かしさを覚える人も。

3位は『ロビンソン』。スピッツの知名度を一気に高めたヒット曲です。やはり「この曲でスピッツを知った」という意見も多く、印象深い曲として挙げられました。

スピッツの曲は思わず口ずさみたくなるメロディ、生音主体のサウンド、そして、英語を多用せず日本語の表現にこだわった歌詞が特徴的。世代を超えて愛され、いつ聞いても色あせない作品を、今後も期待したいですね。

※画像は本文と関係ありません。

(宇喜田あすく/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数177件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]