お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 しあわせ婚準備

男性に質問! ぶっちゃけ、結婚は何のためにする?「2位:世間体を保ちたいから」

新郎新婦

単なる愚痴のはけ口にされているだけなのかもしれませんが、既婚者の話を聞いていると、時に「結婚って何のためにするんだろう」と哲学的な思いにふけることも。女性の気持ちはなんとなくわかるとして、男性は一体何のために「結婚しよう」と思うのでしょうか。社会人男性に聞いてみました。

Q.正直、結婚は何のためにすることだと考えていますか?

「相手と一生添い遂げたいから」56.5%
「世間体を保ちたいから」14.8%
「その人との子どもがほしいから」13.0%
「安定した生活を送りたいから」6.1%
「まわりが結婚しているから」3.5%
「その他」6.1%

「相手と添い遂げたいから」と考えている男性が多数派に! それ以外の回答も含めて、詳しい理由を聞いてみましょう。

■相手と一生添い遂げたいから、結婚するのだと思う

・「愛情を育むことに自分は重点をおいているから」(30歳/運輸・倉庫/技術職)
・「仲よく助け合うことで一+一は三以上の効果を生むはず」(26歳/運輸・倉庫/技術職)
・「守るべき存在を持つことで強くなる気がする」(22歳/機械・精密機器/営業職)

今回多かった「相手と一生添い遂げたいから結婚する」という意見。相手との愛を全うするために「結婚」を選ぶことが、男性には多いようです。さらに「なぜ愛を全うするのか」の深い部分まで掘り下げてくれたのが上記の意見。愛を全うするということは、自分を強くすることであり、大きな効果を生むことなんですね。

■一度きりの人生、好きな人と生きていきたい。だから結婚する

・「好きな人とずっと一緒にいられるなんて幸せ」(30歳/自動車関連/技術職)
・「人生は一度です。好きな人と一緒にいたいです」(32歳/自動車関連/事務系専門職)
・「一緒に生きていきたいと思える人と出会い、ともに歩んでいくことだと思うから」(30歳/情報・IT/技術職)

また「相手と一生添い遂げたい」という理由に対して、「好きな人と一緒にいたいから」「好きな人と一緒に生きていきたいから」と考えている方もいました。愛し合う2人がともに人生を歩み、ともに年を取っていくことの幸せ。これが結婚の醍醐味(だいごみ)なのかもしれません。

■結婚なんて、しょせんは世間体のためにしかすぎない?

・「結婚できない人間と差別の対象にされることに心底恐怖を感じるので」(31歳/商社・卸/営業職)
・「結婚しない人は何かしら問題があると思われてしまうから」(32歳/運輸・倉庫/営業職)
・「これだけ生活が多様化しても、まだ結婚するのが当たり前みたいな風潮って消えないからね」(26歳/通信/技術職)

ただし男性の中には、「結婚なんてしょせんは世間体だ」と冷めた考えを持つ人もいるよう。なぜなら男性は未婚・既婚で社会的に区別されてしまうことがあるからなのだとか。その社会からの冷たい目線に、心底恐怖を感じる男性もいるほど。多様性・多様化ってまだまだ言葉だけの部分もありそうです。

■子どもがほしい、安定がほしいから結婚するのでは?

・「たぶん絆が欲しいからだと思う」(26歳/建設・土木/技術職)
・「子孫繁栄のためにも」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「生活を安定させたいというのは人間の本質的な願いだから」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

また人間の本能的なこと、本質的なことが根底にあって「結婚したい」と考えるのだという男性も。子孫繁栄、生活の安定は人間の根本的な欲求と深くつながっていること。それが「結婚」で実現できるなら、結婚したいという人が後を絶たないのも納得です。

■結婚は、人が人を思う気持ちの形

・「けじめ・礼儀・子どもの将来のため。一生一緒にいたいから、なら特別結婚という形を取らなくてもいい。世間体は気にしないし、まわりも気にならない。でも礼儀として『結婚』というかたちをとるのだと思う」(38歳/その他/技術職)
・「助け合い。つらいときに愛する人がいれば助け合っていける」(30歳/食品・飲料/技術職)

愛する人がそばにいるのに「結婚していない」という理由だけでつらい思いをさせるのなら、しない理由なんてないですよね。結婚自体にもしかしたら意味はないのかもしれませんが、それを選ぶだけでできることもあります。結婚は人が人を思いやる「気持ちの形」なのかもしれません。

<まとめ>

男性に「結婚は何のためにするのか」という質問をしたところ、思った以上に深い意見が続出でした。普段から真剣に「結婚とは何なのか」と、考えている男性がきっと多いのでしょう。女性だけでなく、男性にとっても「結婚」はとても重くて深いもののようです。彼氏に一度こんな質問をぶつけてみたら、思わぬ答えが返ってくるかも? ぜひ一度、機会があったら聞いてみてくださいね。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年7月24日~8月8日にWebアンケート。有効回答数115件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]