お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 しあわせ婚準備

デート中「この人との結婚はナイ」と男性が感じた4つのジャッジポイント

大の字になる男性男性はデート中、彼女のどんなところを見ているのでしょうか。もしかしたら意外と細かいところまでチェックしていて、「この人との結婚は考えられない」なんてひそかに考えていたりして? 社会人男性に、デート中の女性のある行動を見て「結婚対象外だ」と感じたことがあるか、またそのときのエピソードについて聞いてみました。

■生活・行動が雑すぎる

・「お金の使い方が雑すぎる。ほしいものをすぐ買う」(35歳/機械・精密機器/営業職)
・「デート中にゴミをその辺にポイ捨てしていた。即行で結婚相手から外した」(38歳/その他/技術職)

やっぱり男性は、女性に負けず劣らず相手の行動をしっかりチェックしている様子。そして結婚対象として外されやすいのが、こんな雑な行動を見せる女性なのだとか。金銭管理は慎重に。ゴミはゴミ箱に、ですね。

■趣味にお金を使いすぎる

・「元彼女は鉄道マニア。自宅に電車の運転席があります。鉄道部品販売に参加させられ、暑い中くじ引きに参加させられ毎回意味のわからない部品を買わされます。鉄子とか言うけど、うざい」(26歳/運輸・倉庫/技術職)
・「ギャンブルの話しかしない」(31歳/情報・IT/技術職)
・「買い物好きで買い物依存症に思えて不安になってしまったから」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

「趣味にお金を使いすぎる人はNG!」は、女性が男性に対して思う内容かと思いきや、男性も女性に対して同じことを思うことがあるとか。婚期を逃したくないなら、趣味はほどほどに。どうしてもやるなら、お金のあまりかからない趣味がよさそうです。

■人当たりがキツイ

・「子ども嫌いで避けた対応をしたり、お年寄りにキツイ態度を取る」(35歳/運輸・倉庫/その他)
・「いちいちグチが多いタイプはちょっと結婚は無理かなと思った」(26歳/建設・土木/技術職)
・「デート中に、いちいち上から目線で物を言う」(33歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

これは性格なのでどうしようもないところもありますが、もし自覚しているなら、直す努力も必要。人当たりがキツイと小さなことがいちいち障害になり、結婚話もなかなか進みません。すぐ怒ったりマイナス思考に走ったりせず、ちょっとだけ立ち止まれる「ゆとり」をまずは手に入れたいですね。

■人の言うことを聞かない

・「自分の意見ばかりで他人の話を聞かない」(35歳/情報・IT/技術職)
・「方向音痴なのに自分の勘が大事だといって聞かなかった」(30歳/食品・飲料/技術職)
・「一方的にがーっとしゃべる人。つかれる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

せっかくよかれと思って言ってあげているのに、まるで聞く耳を持ってくれない人、男性女性にかかわらずいますよね。もし自分がこのタイプだった場合、結婚対象外にされてしまうことがあるため要注意。恋愛も会話も人間関係も、キャッチボールがすべてです。

男性はデート中、女性のある行動を見て結婚相手として適格か、不適格かを見ていることがあるようです。「結婚はまだ先」なんて油断していたら、本当に先になってしまうかも? デート中は、彼氏の冷たーい視線にぜひ気をつけてみてください。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年7月24日~8月8日にWebアンケート。有効回答数115件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]