お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド雑学 生活

ローソンが若者世代に向けたクラフトビール「僕ビール、君ビール。」をヤッホーブルーイングと共同開発

クラフトビール「僕ビール、君ビール。」

ヤッホーブルーイングとローソンは、両社が共同開発したクラフトビール「僕ビール、君ビール。」を、10月28日から全国のローソン酒販店(10,522店:2014年8月末、ローソンストア100、ローソンマート除く)限定で発売する。

【東京近郊「ビールを学ぶ」小旅行6つの場所】

近年、若い世代で、ビール離れの傾向がみられるという。一方、原料や醸造方法にこだわり、販売地域や流通経路を限定した「クラフトビール」の人気は高まっており、その個性的な香りや味わいは、一般的なビールの苦手な若い世代にも支持されている。

このほど発売する同商品は、ヤッホーブルーイングとローソンが共同で開発した。コンビニエンスストア業界でオリジナルのクラフトビールを発売するのは初めて(ヤッホーブルーイング調べ)。「セゾン」と呼ばれる種類のビールで、新鮮な若い果実のような香りと、ホップによるキリッとした苦味が特長であるという。

商品の名称「僕ビール、君ビール。」は、若い世代の顧客に、”これが自分たち世代のビール”と感じてもらえるネーミングとした。パッケージデザインは、「自分にフィットする、少し個性的なモノゴトを選びたい」「フラットな仲間とのつながりを大事にする」という若い世代の価値観を、カエルのキャラクターで表現している。

容量は350mlで価格は267円(税別)。

(エボル)

お役立ち情報[PR]