お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 グルメ全般

一緒に作るとイライラしてしまう!? カップルに危険な料理5選

料理恋人ともっと仲良くなりたいときに、オススメなのが共同作業です。お家デートで手軽に実践できるのが、「2人でお料理」ですが、選ぶメニューによってはお互いにイライラ! 仲よくなるはずが、ケンカしてしまうケースもあるようです。一緒に料理するときに避けるべきメニュー5選を紹介します。

■卵料理

・「オムライス。時間が勝負なのでひとりのほうが作りやすく、お手伝いが邪魔になるから」(32歳女性/建設・土木/技術職)

・「親子丼。半熟とろとろの卵がいいのに、煮すぎて固くなってしまいそうだから」(31歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「オムレツです。崩れないように集中して作るので、一緒に作るとイライラしそうです」(31歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)

卵を使った各種メニューは、不人気という結果に。火加減とタイミングが重要なので、「人に構っている場合ではない」というのが本音のようです。相手のスキルを信じて、ただ待つのがベストかも?

■揚げ物系

・「揚げ物を作るときに一緒に居たら暑苦しくて嫌だね」(33歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「天ぷら。油がはねやすい」(31歳男性/医療・福祉/専門職)

狭いキッチン内で、2人で揚げ物をするのは非常にリスキーです。安全のためにも、イライラ防止のためにも、「揚げ担当」と「その他担当」に分かれて作業を行いましょう。

■チャーハン

・「チャーハンなどの手早く済ませないといけないもの。かえって邪魔になってしまいそう」(29歳男性/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「チャーハン。タマゴをどうするかでもめる」(27歳女性/マスコミ・広告/営業職)

簡単ランチの定番メニューですが、実はカップルにとってはNGという意見もありました。炒めるのをただ見ているだけだと、なんとなく口を出したくなるのかも……?

■煮物

・「煮物。それぞれ家庭の味があるだろうから」(29歳男性/自動車関連/営業職)

・「煮物。煮加減や味加減のチェックだけで俺が作った、といわれそうでイラッとするかも」(31歳女性/情報・IT/クリエイティブ職)

やさしい味がしみ込んだ、ほっこり煮物は秋冬の人気メニューです。作るのに少々時間がかかるのが難点でしょうか。また基本的には「鍋に入れて煮るだけ」なので、カップルで楽しめるポイントもないのかもしれませんね。

■麺料理

・「パスタ。待ち時間が多いので、イライラしてしまうのでは」(33歳男性/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「パスタや麺類。簡易なものは余計じゃまになる」(27歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「そうめん。ゆでるとき暑いし、段取りを考えて動きたいから一人がいい」(30歳女性/学校・教育関連/専門職)

麺には「のびる」という特徴があります。どれだけいい素材を使っても、のびきった麺はそれだけで残念。一口食べてガッカリ……ケンカに発展させないためにも、邪魔は禁物です。

もっと仲よくなりたいなら、こんなメニューは避けたほうが無難です。もしも彼から「手伝うよ」と言われたら、「もうできちゃうから、次はあなたのご飯をごちそうしてね」と言ってみては? やんわり断って、ケンカを避けましょう。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年7月にWebアンケート。有効回答数287件。22歳~39歳の社会人男性・22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]