お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

激安だけど本格炭火焼き!「うな丼ワンコイン」の噂のお店、「宇奈とと」上野店

「うな丼」500円。※写真はイメージ

体力が落ち気味のときなど、無性に食べたくなるうなぎ。もともと安い食べ物ではないが、最近ではうなぎの価格が高騰した影響で、ますます気軽に食べに行ける状況ではなくなってしまった。そんな中でも、「ワンコインうな丼」で知られるうなぎ屋「宇奈とと」では、激安価格を継続中だと言う。

【これは食べたい!「金子半之助」の具がはみ出すボリューム「江戸前天丼」並盛り300gで950円】

500円でも十分旨いと口コミでも噂のうな丼の味は?上野店で確かめてみた。

●こんがり焼きたて、肉厚のうなぎ
メニューを開くと、うな丼やうな重などのメニューがズラリ。種類豊富でどれもリーズナブルだが、まずは看板メニューの「うな丼」500円をオーダー。

運ばれてくるのは、こんがり焼きめのついたうなぎがひと切れのった、ほどよいサイズの丼。うなぎもご飯も熱々だ。肝心のうなぎの味だが、肉厚で脂がのっており、焼き加減もほどよい。タレは甘辛のしっかり味で、ご飯が進む。

少し固めに炊かれた米にタレがしみこむ具合もなかなかのもの。ほかにも低価格のうな丼やうなぎ弁当はあるが、この価格でここまで本格的なものにはお目にかかったことがない。
店長によると、うなぎは備長炭で焼き上げているそう。さらに「米は国産100%で、特製のタレと合うようにオリジナルでブレンドしたものです」とのこと。

ワンコインうな丼は、「ちょっと食べたい」ときにちょうどいいサイズ。うなぎをしっかり食べたいときは、うなぎ2切れが豪快にのった「うな丼ダブル」1,000円がおすすめだ。そのほか、とろろと刻みオクラがトッピングされた「うなとろオクラ丼」900円や、最後はダシ茶漬けとして楽しめる「ひつまぶし」800円も人気。

実はうなぎメニューのほか、つまみやドリンク類も豊富。居酒屋的な使い方もできるため、昼も夜も客の入りは多い。比較的すいている時間帯は14時から18時の間。曜日で言えば、飲みの客が少ない月曜が狙いめだ。

【店舗データ】
店名:宇奈とと 上野店
※その他、全国に店舗あり
所在地:東京都台東区上野6-11-15 JR高架下
営業時間:月~水/11:00~23:00
木~土/11:00~23:30
日・祝/11:00~22:00
定休日:なし
HP:http://www.unatoto.com/
メニューはすべて税込価格

【その他メニュー】
・焼酎グラス全品500円
・枝豆350円

お役立ち情報[PR]