お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男を虜にするモテ女!「追わせる女」の小悪魔テクニックの特徴5つ

”男性は、追われるより追いかけたい生き物!”だと言われますよね。女性としては、男性心理を巧みについて自分のことを好きかもと思わせて、上手に追わせてあげるのも恋のテクニックのひとつ。今回は、働く女子が実際にやっている「追わせる女」としてのモテ女の恋愛テクニックを聞いてみました。

好きバレしない!気がある素振りと気がない素振りを使い分ける恋愛テク!

・「最初から好意があるように見せない。簡単に落とせると思わせない。苦労して手に入れさせる」(33歳/情報・IT/技術職)

・「こちらから気があるように思わせたら、そっけなくする」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

好き好きアピールをしすぎると重すぎたり、相手にすぐ落とせると思われてしまうことも。好意はそのままの気持ちより控えめで!

ミステリアスな部分を残す!男性心理をくすぐるのがモテ女のコツ!

・「たまに自分から連絡しないで放置する」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「秘密の部分を残す」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「毎日は会わない。連絡を頻繁にしない」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

自分のことをすべてわかられてしまったら、男性にとっては手に入ってしまった感がしてしまうものなのかも。少し謎めいた部分を残すほうが、男性から追わせる女として魅力的なのかもしれません。

メリハリをつけて連絡する!言葉少なめで相手の気を引く方法です!

・「LINEの返事をすぐ返さない」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「メールを返すのは時間をあける、内容もシンプルに短く。質問はしない」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「お誕生日などには必ずメールをする」(25歳/その他/営業職)

つい頻繁にメッセージを送りたくなって、メールで質問攻めにしたり、LINEも即レスだと、重い女コースへ一直線!追われる女としては、あまり積極的な連絡はしないほうがベター。適度な距離感がモテ女には必要です。

男性を誘う香りを使う!直球勝負でアピールする行動派!

・「気になる男性と会う機会があると、男性が好みそうなコロンをつけて香りで誘う」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

記憶と深い関係があるのが、香り。忘れられない女になって追わせることができるのかも。ただ、くれぐれもつけすぎには気をつけて。

時に、かわいいわがままを言う!どれだけ自然に振る舞えるかが肝心の高等恋愛テク!

・「ときどき、どこかに行っちゃいそうと不安を少しだけ与えるようにしている。たとえば、○○さんが髪型を褒めてくれたとか、ほかの人の話をしてみたりする。でも、度は超えないようにする」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「『もういい』と、怒って帰ろうとする」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「喜怒哀楽を表現する。笑って楽しむことはもちろん、困った顔はけっこう効く」(25歳/電機/事務系専門職)

気になる男性とはいつも仲よくいたいですが、あえて不安を誘うようなことをしてみるのもひとつの手。加減が大事なので、たまに使う程度にとどめておくほうがいいのかも。

いつでも手に入る女よりも、追いかけてやっとつかまえた女に一度はなってみたいですよね。上記のテクニックの中で、できそうなところからやってみてもいいのかも。男性を夢中にさせるため、あなたなら何をしますか?

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数207件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]