お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

子供が生まれる前に持ち上げて慣れよう!新生児と同じくらいの重さのものたち

新生児と同じくらいの重さのものたち

皆さんは生まれたばかりの赤ちゃんが何グラムぐらいなのかご存じですか? 日本人の場合、新生児の体重は約3,000グラム前後。実際に自分の子供を抱っこしてみて「うっ、意外と重い……」と思う人も多いそうで、重さに慣れるまで大変なんだそうです。

今回は、あらかじめ新生児の重さに慣れておけるよう、新生児と同じくらいの重さのものをまとめました。

■新生児と同じ重さのもの、あなたの家にあるかも?

◇お米2升……約3,000グラム

白米1合分で150グラムほど。2升はお米20合分なので、ちょうど3,000グラム程度になります。スーパーなどで売られているお米も、これくらいの重さのものが多くありますね。

◇漫画単行本20冊……約3,000グラム

一般的な単行本サイズのもので、一冊約130-150グラムほど。20冊ほどあれば赤ちゃんと同じくらいの重さになります。

◇PS4(プレイステーション4)……約2,800グラム

今年の2月に発売された次世代ゲーム機『PS4』。本体重量は2,800グラムです。箱など込みだと3,000グラムオーバーになるのでちょうどいい重さかもしれません。

◇広辞苑……約2,500グラム

岩波書店から発行されている国語辞典。言葉の正しい意味などを調べるのに非常に便利です。カバー込みで重さ約2,500グラム。国語辞典でこの重さ。どの家庭にもあるものではありませんが、もしあれば一度持ってみてください。

◇1.5キロペットボトル2本……3,000グラム

「当たり前だろ!」とつっこまれるのは承知しておりますが、一番身近なのはこれでしょう。2本をビニール袋に入れて担いでみると、それが赤ちゃんの重さです。

家庭にある可能性のあるものでいくつか挙げてみました。広辞苑のある家庭はあまりないでしょうが、お米やペットボトルはありますよね。これから赤ちゃんが生まれるというご夫婦は、どれくらいの重さなのかあらかじめ実感しておくといいかもしれませんよ。

(中田ボンベ@dcp)

お役立ち情報[PR]