お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

私の未来、どうなるの? 女子が「つい占いに頼りたくなる瞬間」4選

女性は占いが好き、なんてよく言われますよね。星占いにはじまり、タロット占い、誕生日占いなど、その種類も豊富で、気軽に楽しめるものもたくさんあります。では、女性のみなさんはどんなときに占いをチェックしたくなるのでしょうか? つい占いに頼りたくなる瞬間について、アンケートで聞いてみました!

Q.あなたは、つい占いに頼りたくなる瞬間がありますか?

ある……36.4%
ない……63.6%

36.4%の女性が「ある」と回答。では、具体的にどんなときに占いに頼りたくなるのでしょうか?

■恋愛で行き詰まったとき

・「恋がうまくいかないとき。カバラ占いがけっこう当たる」(27歳/金融・証券/営業職)

・「当時交際していた相手と今後も交際を続けるべきか悩んだときや、交際相手からふられたときの慰め」(30歳/小売店/事務系専門職)

・「恋愛でうまくいってなかったり、決断力にかけるとき。だいたいタロットのワンオラクルとか」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

彼とこれからも付き合っていくのがいいことなのかどうかを、恋愛中に考えてしまうことってよくありますよね。いくら考えても答えが出ないときは、占いに答えを教えて欲しいという気持ちになるようです。

■好きな人ができたとき

・「恋をしたときに、星占いが気になるようになる。占いの結果がいいときに、好きな人にアプローチしてみたり」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「好きな人ができたとき、脈があるか占う」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

彼と自分の相性を確かめてみたり、告白するのにいいラッキーデーを調べてみたりなど、誰でも一度くらいは経験があるのでは? 相性占いの結果が悪ければふられても諦められる……かも。

■大事な選択を迫られたとき

・「何かの二者択一でどうしても自分で決められないとき」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「転職していいかどうか」(30歳/金融・証券/専門職)

もうこれ以上考えても答えが出ない! というくらい考えたのに、どうしても決められないときには占いの結果を見て背中を押してもらいたくなるのでしょうね。

■つらいことがあったとき

・「いら立ったり、落ち込んでいるとき。占いにいいことが書いてあると、少し前向きな気持ちになれるから」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「彼氏にふられて落ち込んでいたとき、雑誌の占いなどで、今月は新たな出会いがありそうと書かれていたら期待してしまう」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「就活中。全然内定をもらえなくていつまで続ければいいのか嫌気が差していた。占い師さんに『7月中に決まるよ』と言われて本当に決まった」(22歳/生保・損保/事務系専門職)

彼にふられたり、仕事がうまくいかなかったりしたとき、「時期が悪いだけで今後はよくなる」といった前向きな内容が占いに書かれてたら、つらいことを乗り越える励みになりそうですね。

自分の意思だけで決めるのがちょっと不安になったときについ頼りたくなるのが占い。いいことも悪いことも、それがすべてだと思わず選択肢のひとつとしてうまく取り入れられるなら、自分にとって心強い味方にもなりますよね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年7月にwebアンケート。有効回答数132件(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]