お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 健康美人

疲れている彼に作って、喜ばれた料理は? 「ラタトゥイユ」「野菜たっぷりのカレー」

疲れている彼を癒すには、やはり愛のこもった彼女の手料理が最強です! しかし彼に余裕がないときには、メニュー選びも慎重に行うのがオススメ。「いったい、何を作れば喜んでもらえるの?」と悩むアナタへ、働く女子たちが作って、実際に喜ばれたメニューを紹介します。

■豚肉で疲労回復!

・「豚肉とキャベツをたっぷりのしょうがとニンニクで炒めて、丼ぶりにしたものは喜ばれる。しかも、風邪をひいているときに食べると翌日に体調が回復している、と言っていた。それ以来、彼氏が体調不良のときの定番メニューになった」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「しょうが焼き。豚肉には疲労回復効果があるし、しょうがが代謝を上げてくれそうだから」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「肩ロースブロックを買ってきて、自家製焼き豚を作ったら感動された」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

豚肉には疲労回復を促すビタミンB1が豊富に含まれています。ガッツリ食べられて、彼の体も気遣った豚肉料理で彼の胃袋を掴んじゃいましょう。

■夏メニューの定番といえば……

・「野菜たっぷりのカレー。体に良さそうだし、男受けするから」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「スパイスから作るカレー。カレーなら食欲がなくても食べられ、市販のルーではなくスパイスから作ると気持ちがうれしいと喜ばれました」(27歳/学校・教育関連/専門職)

夏メニューの定番と言えば、やっぱりカレー! 今回のアンケートで非常に目立った意見です。具材にこだわるか、それともルーにこだわるのかはあなた次第! しかし、もしも料理に自信がないのなら……定番カレーが無難かも!?

■あっさり和食系

・「疲れているときはあっさり和食が喜ばれるので、具だくさんのみそ汁と大根などの煮物を作ると喜ばれる」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「肉じゃが、おみそ汁。やはりおふくろの味が一番疲れを取ると思う」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

疲れているときだからこそ、慣れ親しんだ味を! という意見も目立ちました。可能なら、彼のお母さんにレシピを聞いて作ってあげるのもアリですよ。

■たっぷり野菜を上手に調理

・「ラタトゥユ。冷えているけど野菜たっぷりで食べやすいからよろこんでもらえた」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「お好み焼き。キャベツもいっぱい入っているし、形を自分で作れるのでハート形とかで作ってあげたい」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

野菜には身体の調子を整えてくれる作用があります。疲れているときは、たっぷりと食べて欲しいもの。ただ「お肉好き」に比べて「野菜好き」男性は少ないもの。上手に食べさせる工夫が必要ですね。

彼が疲れているときには、疲労回復にきく豚肉や食欲をそそるスパイス、健康にいい野菜を使った料理で、彼を癒してあげましょう。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年7月にWebアンケート。有効回答数198件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]