お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【実録】女子が失敗した「好きな彼へのアプローチ」集

意中の彼には告白しなくても、自分の想いに気付いてほしいですね。だから、いろんなアプローチを仕掛けるのですが、なかなかうまくいかないことも。そんな意中の彼に気付いてもらえなかった、あるいは逆効果だったアプローチを集めてみました。

■想いに気づいてほしかったのに

・「見つめすぎて、気持ち悪がられた」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「ずっとにこにこする。をしていたらニヤニヤするになっており、気持ち悪がられた」(31歳/その他/事務系専門職)

・「香水。恋に効くと聞いた香水をつけたが、苦手だったよう」(32歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「その人にだけ異様に質問したりしていたら、仕事態度にクレームが来た」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「ボディタッチを頻繁にしましたが、全然気づいてもらえませんでした」(26歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「バッグに手作りのアクセサリーを付けて手芸が趣味とアピールしたが、見向きもされなかった」(33歳/その他/その他)

想いよ、届け!とあの手この手でアプローチ、でも見事に玉砕。方向を変えて再チャレンジするしかない!

■ショック! じつは嫌がられていた!?

・「ほぼ両想いだと思って積極的にメールしたりごはんに誘ったりとしていたが、ずっとメールが続くのが面倒に思われていた」(23歳/情報・IT/事務系専門職)

・「メールをちょこちょこ送ること。返すのが面倒だったらしい」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

返信が来るから脈アリと思ってアプローチしつづけたのに、実は嫌がられていたなんて……。スルーしないのが彼の優しさだったのかもしれませんが、女子としては凹みますね。

■いつもと違う自分をアピールしたかったのに

・「『俺んち来る?』にピュアさをアピールしようと思って『恥ずかしい~』と言ったら、そのまま話が流れた」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「花柄の可愛いワンピを着ていったけど、スカート丈が短くて、風が吹いたりして慌てて押さえてたら『何でそんなの着てきたの?』と、あからさまにため息をつかれた」(23歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

いつもと違った自分を狙ったのに、逆効果だったというエピソード。もう1回チャンスがほしいですね。

うまくいかなかったのは、やりすぎちゃったから? それともホントにご縁がなかったからなのでしょうか? いずれにしても次の恋の糧にして前進あるのみですね!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年6月にWebアンケート。有効回答数209件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]