お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

どうしても許せない女がいる! “今カノ”から見た“元カノ”の存在「『○○しゃん』なんて呼び方で……」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

自分の彼氏の「元カノ」という存在。誰しも一度は「どんな相手だったのか」と悩まされた経験があるのではないでしょうか。今の彼女は私だけど、自分の彼氏とかつては両想いだった女……。そんな「元カノ」についてどう思っているか、「今カノ」の女性たちに聞いてみました。

■独特の呼び方に思わずイラッ

「彼に相談メールを送ってくる元カノ。しかもその内容が、『○○(彼の名前)しゃんと別れてさみしいけど、こんな女とは別れて正解だよ~』という文面に、見た事もないような顔文字オンパレード。メールを送ってくるのも嫌だけど、何より『○○しゃん』なんて呼び方で、この後に及んでちょっとぶりっ子してるのがムカつく!」(27歳/人事)

自分が考えつかない方法でぶりっ子しているのが、たまらなく癇に障ったそう。

■もはや恐怖体験

「彼に好きな人(私)ができたという理由で、破局を迎えた彼と元カノ。私と彼が付き合いはじめて数週間、彼氏の家に行くたびに同じ車を見かけるようになりました。彼のマンションに入るとき、ちらりと運転席が見えたのですが、なんとそこにいたのは元カノ。夜な夜な車で彼の自宅周辺を徘徊していたそう。怖すぎる!」(28歳/医療)

乗っていた車や女性の特徴を彼に伝えたところ、元カノだと発覚したそう。「元カノ」にとって「今カノ」が許せない存在になっていたようですね……。

■交際期間が唯一長かった元カノ

「イケメンな彼は、女性経験が豊富。誘惑が多いせいか、あまりひとりの女性と続かないらしいですが、そんな彼が唯一、6年間一度も浮気もせず交際していた元カノが脅威です。その元カノは破天荒な小悪魔タイプで、最終的に疲れて別れたのですが……。元カノとは今でも仲よくしているし、私みたいな普通の女はいつか飽きられるんじゃないかと心配です」(23歳/サービス)

恐らくそんな元カノに懲りてあなたを選んだのではないでしょうか。その心配が杞憂であることを祈ります。

■まるで悲劇のヒロイン?

「彼とクラブに行ったときのこと。私の彼の『元カノの友人』と名乗る見知らぬ男が、いきなり『ここは○○ちゃん(元カノ)と○○(彼)の聖地だから、来ないであげて』と威圧的に言ってきたんです。彼のうしろには、泣いている元カノの姿が。いきなりそんなことを言われたのに頭に来て、その元カノの友人とけんかになりました。止めにも入らずオロオロしているだけの彼氏にも腹が立って、彼氏にもビンタし、帰宅しました」(27歳/美容)

ただし、その彼とは今でもラブラブだそう。そんな修羅場があったなら、早々に別れてしまいそうなものですが……。

大好きな彼が昔好きだった女性というのは、それだけで気が気じゃない存在ですよね。そんな元カノのキャラが濃かったら、嫌でも気になってしまうはず。あなたは「彼の元カノが気になったこと」ありますか?

(小野川奈美+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]