お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

同じ趣味!同じ出身地・年代!似ている部分を探すだけの恋愛心理テク「類似性の法則」

見知らぬ人たちが集まる場所に身を置いたとき、そこにたった一人でも同じ出身地の人や、同じ年代の人を見つけたときに、すごく安心を感じたことはありませんか? 何か共通のものを見つけると人は自然と親しみが湧きます。

【相手との距離を縮める恋愛心理テク「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」】

では、その心理と恋愛テクに関してご紹介します。

■「類似性の法則」とは

文字通りお互いに似ている部分を見いだして、相手に安心してもらい、親しみが湧くことで、信頼感が高まる効果の事です。これを恋愛のテクニックとして用いるなら、片思いの相手がいれば、タイミングよく簡単な質問をして、徐々に探ってみるのが良いでしょう。

共通の部分を見つけることによって、話題が持て、より相手に自分を知ってもらいやすくなります。

恋愛のきっかけになりうる、共通項や同類項は、どんな些細なことでも構いませんが、具体的にどんな事があるか少し上げてみましょう。

■同じ趣味

同じ系統のファッションが好きなら、お互いにアドバイス出来、買い物も楽しく過ごせそうですね。好きなスポーツも同じなら一緒に楽しんだり、観戦したり、デートに困りません。好きなアーティストも共通なら一緒にライブに行ったり、車の中で流して聞いても盛り上がれます。

類は友を呼ぶと言いますが、このような趣味が似ていると、出かける場所が共通で、おのずと出会いやすい傾向もあります。そこでの出会いは大切にしたいものです。

■同じ価値観

金銭的感覚が似ているとお互いの行動に安心感が持て、関係が継続しやすいです。もちろん結婚相手には欠かせない事項です。

また生活の面だけではなく、物事に対する考え方や判断、ふとしたときの反応や態度でも、人は自分と似ているところを見つけると、自分自身の肯定にもつながり、より相手に対して愛着を持ちやすい傾向があります。

■同じ出身地・年代

生まれ育った所が一緒だと分かっただけで、急に気を許して、妙に会話が弾んだり、共通の友人や思い出の店など、話題に事欠かない経験があるでしょう。年代が同じなら、見ていたアニメソングを一緒に口ずさんだりして楽しい時間を過ごせますね。

片思いの人と距離を縮めたいと思ったら、その人の好きな趣味を勉強して疑似的にでも類似性を演じてしまう事もありかもしれません。無理をしてはいけませんが、良いきっかけになればしめたものです。このように「類似性の法則」は自分が肯定している部分だけに働きます。

自分が認めたくない部分は、他人に対してより反発心を感じるからです。その辺をしっかり踏まえ、相手がうれしいと感じる共通点を見つけて、アタックしてみてください!

お役立ち情報[PR]