お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

本命彼女になれなくて……! “セカンド体質”な女性の特徴4つ「男性の言いなりになってしまう」

男性の都合で振りまわされて体だけの付き合いになってしまったり、結婚対象にはしてもらえなかったりというヒドイ扱いながらも、なぜか別れられない状態が彼の「セカンド女」。自分が「セカンド体質」だと思う女性に、どうしてそう思うのか聞いてみました。

■男性の言いなりになってしまう

・「相手にとことん都合を合わせてしまうから」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「男の人に言い返せないし、ちゃんとしたことを聞く勇気が持てないので、ついつい2番手にまわってしまう」(30歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「言うことを聞いてしまうので、都合のいい女と思われそう」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

やさしすぎる女性は男性の言うことをとことん受け入れてしまうので、セカンド扱いされることに。男性が本気かどうかを見極めて、きちんと断る勇気も必要ですね。

■付き合いがよすぎる

・「気さくで誘われれば飲みに行くタイプだから」(27歳/機械・精密機器/営業職)

・「酒を飲むとノリがいいので」(28歳/食品・飲料/クリエイティブ職)

男性との飲み会などにも気軽に参加するノリのいいタイプは、やはり誘いやすいのでしょうか。

■相手を束縛しない

・「いつも一緒にいたいと言わないから都合がいいと思われる」(29歳/食品・飲料/技術職)

・「追っかけないので都合がよいだろうと思うから」(27歳/ソフトウェア/技術職)

いつも一緒にいたいと騒いだりしない女性は、面倒のない遊び相手として都合よく思われてしまうのかも。かといって、追っかければいいというものでもありませんから難しいですね。

■セカンドのほうが、むしろ楽だと思っている!

・「本命じゃないほうが、破局したときにチャンスをもらえるからこの立場が好き」(28歳/アパレル・繊維/経営・コンサルタント系)

・「本命の彼女になるのが面倒くさくて、つい彼女持ちに手を出そうとしてしまうから」(24歳/不動産/事務系専門職)

・「実際に二番目として6年継続している彼がいるが、特に支障はなく、むしろ楽しいと思うことがあるので」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

女性のほうも割り切った関係を続けられるのならセカンドでいるのも楽なのかもしれませんが、本当に好きな相手同士でないから続けられるのでしょうか……。

男性と付き合うのならば、本命や結婚相手として見てほしいというのが女性の願いだと思いますが、まだまだ遊びたいという女性の中にはセカンドとしての立場を楽しんでいる人も。でも、セカンドでいることが望みでないのなら、きっぱり別れて新しい恋を探すほうが自分自身のためになるはず! あなたは「セカンド体質」の女性に対して、どう思いますか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4〜5月にWebアンケート。有効回答数298件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]