お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

必死すぎるアピールはNG! 「この人、結婚焦ってるな」と感じる友人の言動

友人や知人の言動を見ていて、「なんでそんなに結婚を焦っているの?」と思ったことはありませんか? アラサー世代にはよく起こりがちなこの問題。そこで今回は、働く女子に「この人、結婚焦っているな」と思う友人や知人の言動について聞いてみました。

■必死に婚活しすぎ!

・「友人の結婚式の二次会で、自己紹介のときに、結婚したいと必死にアピールしていた」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「毎週のように婚活情報をチェックしている」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

どこへいっても「結婚したい」アピールをしていると、確実にまわりに焦っていると思われます。紹介してほしい気持ちや、チャンスを逃したくない気持ちはわかりますが、ほどほどにしておいたほうがいいかもしれませんよ。

■綿密すぎる計画

・「まだ付き合って間もなくて、結婚についての具体的な話題も彼と出ていないのに、もう結婚式をどうするか詳細に考えていた友人」(32歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「何歳までに結婚して、何歳で子どもなど、まったく当てがないのに綿密な人生設計を立ててるのを聞いたとき」(29歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

まったく当てもないのに、未来予想図を描きすぎる女子は、「焦っている」認定されがちなようです。しかも友だちからは、かなりな確率で「イタい」と思われる可能性が……! 友だちの前で夢を描きすぎたり、語りすぎたりするのも注意です。

■「うらやましい」が口癖

・「結婚している人を『うらやましいうらやましい』とうるさい」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「結婚をしている人に対し、『いいなぁうらやましい』と言って、誰か紹介してと言ってくる」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

結婚を焦る女子がよくやるのが、結婚できない自分を卑下して、哀れみを買う作戦。口癖になってしまっている女性も多いのかも? ただしあまりにも言い過ぎると、友人も嫌気がさして、紹介してもらえなくなるかもしれませんよ。

■妬みがすごい

・「同期の結婚の話になると顔が曇る」(28歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

・「結婚した友だちに具体的なテクニックなどを根掘り葉掘り聞いている友人。と、逆に、結婚した友人が多く集まるランチ会には絶対参加しない友人。どちらも焦っているんだろうな、と思う」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「結婚の決まった友人に嫌みを言う」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

どうやら結婚を焦りすぎると、人の幸せを素直に喜べなくなるよう。焦って心に余裕がなくなると、彼氏どころか友だちも失う羽目になりかねません。人を思いやれなくなるほど焦ってきたら、まずは婚活よりも、余裕を取り戻すことを最優先にしましょう。

いかがでしたか? 結婚にタイムリミットはありませんが、友だちが結婚したり、両親に心配されたりすると、ついつい焦ってしまうもの。でも、そんなふうに余裕がなくなっているときほど、真実の恋を見逃してしまいがち。もし今、思い当たる節があるな~と感じた女子は、ぜひ一度、自分を見直して心にゆとりを持って過ごすよう心がけてくださいね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年5月にWebアンケート。有効回答数323件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]