お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 金銭感覚

男性が驚いた「金銭感覚がおかしい女」4選

ファナティック

男性と女性では、お金の使い方もそれぞれ変わります。そのため、お金の使い方をめぐってなにかと衝突しがち。男性からすると、「それに、そこまで必要?」と思うこともあるようで……。そこで今回は社会人男性に、「びっくりした、女性のお金の使い方」について聞いてみました。

■移動の快適さに、お金をかける

・「大宮駅と宇都宮駅の移動もグランクラス利用。普通電車利用の私は腰を抜かした」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「大学生でセルシオに乗っていた医者の娘」(34歳/通信/事務系専門職)

・「駅から近いのにタクシーを使うこと」(24歳/食品・飲料/営業職)

新幹線のグランクラスは、いわゆる飛行機でいうファーストクラス並みの座席のこと。たしかに普通電車を利用している男性からするとびっくりかも。また学生でセルシオ、自宅までタクシー利用など、快適な移動にはお金を惜しまないという女性が多いよう。高給取りの女性が、どんどん増えてきているのかも?

■食事にかけるお金のちがい

・「ランチに2,000円っていうのを平然と言ってのけたこと。サラリーマンは500円以下にどうやっておさめるか必死なのに」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「ランチに1,000円以上かけているのは驚いた」(36歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「毎月の飲酒代が3万とか言われると引く」(28歳/情報・IT/技術職)

「たまにゴージャスランチ」位なら、まだ納得できるかもしれませんが、毎日となるとかなりの出費になります。男性からすると、月収とのバランスを考えていないように見えるのかもしれません。

■とにかく美容にお金をかけすぎる

・「美容院代だけで毎月8万円ぐらい使っていた」(37歳/通信/技術職)

・「けっこう高いエステサロンに毎週通っていること」(34歳/情報・IT/技術職)

・「洋服を買うのに、一度に10万くらい使う」(31歳/学校・教育関連/専門職)

自分を美しく保つためには、お金を惜しまない女性を見て、男性は不思議に思うことが多い様子。ですが女性に言わせれば、美容代は、背に腹かえられない部分なんです!

■散財っぷりがすごい

・「『生まれてくる前に死んでゆく私の給料』という名言を聞いた。どれだけカードを使っているんだろうと思った」(34歳/情報・IT/技術職)

・「前の会社の女性は、高額な自転車やパソコンなどをすべて12カ月払いのローンを組んでいた。金銭感覚が狂っていました」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「貯金がまったくないくらい散財している」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

カードとローンという最終手段を、お財布代わりに使ってしまうと、とんでもない散財につながることがあります。こんなところを見られると、結婚がますます遠のいてしまいそう……。

■まとめ

いかがでしたか? やはり女性のお金の使い方に疑問を持っている男性が多いようですね。移動代や食事代に収入とのバランス以上に使う女性には厳しい目を向けています。また、美容代に関しては、もっとも理解されにくいのかもしれません。そこは男女差があるので、ある程度は仕方ない部分ですよね。いずれにせよ、まったく貯金ができない、さらにローンまで組んでいる女性に関しては、引かれてしまうので要注意です。男性は、結婚の条件に金銭感覚が同じであることを、強く求めていることも多いもの。もし自分の金銭感覚に不安があるなら、今の内にしっかりお財布管理を覚えて、彼に結婚したいと思われるような女性になるよう努力しましょう!

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年5月にWebアンケート。有効回答数130件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]