お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 金銭感覚

恋人にお金を「貸したことがある」女性は17.3%「返済を要求したら、別れ話をされた」

お札

彼氏に「お金を貸してほしい」と言われたらどうしますか? 「金の切れ目は縁の切れ目」という言葉もあるように、お金の貸し借りは人間関係のトラブルを招きがちです。今回は、恋人同士でお金の貸し借りをしたことがあるかどうか、働く女性に聞いてみました。

【借金したことがある働く女性の割合は?】

Q.彼氏にお金を貸したことがありますか?

A.はい……50人(17.3%)
いいえ……239人(82.7%)

いくら彼氏とはいえ、お金は貸さないという女性が多いようですね。「貸したことがある」女性には、次のような質問をしてみました。

Q.貸したことを後悔していますか?

A.はい……19人(38.0%)
いいえ……31人(62.0%)

4割弱の女性が、貸したことを後悔しているようですね。その理由を見ていきましょう。

■貸したお金が返ってこない

・「そのまま別れて返してもらっていないから」(27歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)
・「返済を要求したら、別れ話をされた」(22歳/その他/事務系専門職)
・「案の定、連絡がつかなくなった」(29歳/小売店/販売職・サービス系)
・「3,000円とか5,000円とか、少しの金額を何回か貸したことがあります。でも結局返ってくる前に別れました」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「無駄遣いされ、結局戻ってこなかった。貸すべきではなかった」(31歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

彼氏のためにと思ったのに、無駄遣いされたらガッカリですね。「お金を貸すときは、あげるつもりで……」などとよく言います。返ってこない可能性も考えておく必要がありそうです。

■関係に微妙な変化が……

・「トラブルとまでは行かなかったけど、やっぱり他人とお金の貸し借りをすると面倒。変な上下関係のようなものがうまれ、返済までケンカしてもどこか相手に後ろめたい感じがあったりして、変に対等でなかった」(31歳/医療・福祉/専門職)

返済してもらえても、気まずい思いをしたという人も。できるだけお金の貸し借りをしないほうがよさそうですね。

一方、彼氏にお金を借りたことがある女性は全体の1割程度。そのことを後悔しているのは、2割弱と少なかったです。

■「いつでもいいよ」は本音ではない?

・「彼が、お金がなくなってしまったとき、すぐに返せと言ってきた」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

返済するのは当たり前ですが、「すぐに」と言われると困ってしまいますよね。返済期限についての約束を、きちんとしていなかったのでしょうか?

<まとめ>

お互いに信頼し合い、どちらかが困ったときには助け合える。これは理想的な恋人関係だといえますが、お金にかかわることとなると話が変わってくるかもしれません。恋人同士であっても、返済に関してきちんとルールを作っておけば、トラブルに発展することを防げそうですね。

※『マイナビウーマン』にて2013年12月~2014年1月にWebアンケート。有効回答数289件。

(OFFICE-SANGA 森川ほしの)

お役立ち情報[PR]