お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「ハズシファッション」「ふわとろ母性女子」ー女性研究所、「2014年上半期 女性の気分トレンド」を発表

「ハズシファッション」イメージ

トレンド分析を行う女性潮流研究所は、女性誌の見出し分析と独自調査による「2014年上半期 女性の気分トレンド」を発表した。

【冷え対策で靴下を重ね履きしていいの?「靴下の締め付けに注意」】

同研究所は、社外研究員として広告・出版・メーカー等の現役プランナーを迎え、毎月女性誌約90誌の見出しを定点観測し、独自の手法にて分析。さまざまな企業・専門メディアへの情報提供を行っている。今回、2014年上半期の女性の気分トレンドを表す5つのキーワードをピックアップした。

一つ目は「ハズシファッション」で、その特徴として「靴下」のブレイクを挙げている。靴下をスニーカーだけでなくサンダルやヒールパンプス等に合わせる新しい使い方が流行したことに触れ、そのミスマッチ感こそが“ハズし”でありオシャレの鍵であると解説。また、靴下の流行した理由として、手軽感、冷え性対策にもなるとったメリットを挙げており、近年の日本ファッション市場で流行するアイテムには、オシャレ以外にも女性に嬉しいポイントがあるものだと分析している。

二つ目は「ふわとろ母性女子」。その4大条件として、「自然なツヤ肌」・「血色を感じるほのかな色味」・「ナチュラルな眉」・「つややかな黒髪」を挙げており、それらが生み出す“ヘルシーな色気”が最も求められているという。象徴的なタレントとして井川遥さん、石原さとみさん等が挙げられている。

「ふわとろ母性女子」イメージ

三つ目は「オシャレエロ」。日本女子の憧れがスレンダーなモデル体型ではなく平子理沙さんやAKB48の小嶋陽菜さんのような白肌のふっくら系女子にシフトしているとし、また女性限定のエロネタ満載のWebサイトの人気等から、見た目だけでなく知識欲が目覚めているのが特徴だという。

「オシャレエロ」イメージ

四つ目は「楽おしゃママ」。創刊が相次ぐ“ママ雑誌”の中で、どんな系統のママ雑誌でも求められているのが「楽おしゃれ」なファッションとのこと。家事や育児に励むためだけの“楽ちん”だけでは“ダサい人”となり、ブランド物の靴やヒールパンプスでは浮いてしまうため、ほどよく楽ちんでほどよくオシャレというバランスが必須だという。子育て中であっても、オシャレに手を抜かないのがママ業界の新常識とのこと。

「楽おしゃママ」イメージ

五つ目は「おうち健活」。生活の一部に、健康や美にたいする高めの意識を持った「健活」を取り入れるのが主流だとし、すっぴんの美しさや体が健康であることへの憧れが高まっているという。その内容は多種多様なようで、飲み物にショウガをすりおろした物を混ぜたり、シルク素材の五本指ソックスを活用する「温活」や快適な睡眠のためのグッズを活用する「眠活」、発酵食品等による「菌活」などがあり、いずれも“おうち”の中で済む手軽なものというのも特徴とのこと。

「おうち健活」イメージ

お役立ち情報[PR]