お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性に聞いた! 仕事で行き詰まったとき彼女にしてほしいこと

働いていれば、悩むことも行き詰まることもありますよね。もし恋人が仕事のことで思い悩んでいたら、なんとか力になりたいと思う人が多いでしょう。しかし、男性は実際のところ、彼女からのアドバイスをほしいと思っているのでしょうか? アンケートで聞いてみました。

Q.仕事に行き詰まったとき、彼女にはどうしてほしいですか?

第1位「話を聞いて、励ましてくれる(アドバイスはしない)」32.4%
第2位「見守ってくれるけど、積極的に話を聞いたりはしない」25.7%
第3位「一緒に悩んで、共感してくれる(アドバイスはしない)」21.9%
第4位「話を聞いて、アドバイスをくれる」17.1%
※「その他」は除く

どうやら、女性からのアドバイスを必要としている人は少数派のようです。では、それぞれを選んだ理由を見てみましょう!

■「話を聞いて、励ましてくれる(アドバイスはしない)」

・「相談するときは励ましてほしいときなので」(30歳/自動車関連/技術職)

・「アドバイスは重荷になるときがあるので、聞いてくれて、励ましてくれるだけでいい」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「まったくちがう職種だから」(28歳/通信/営業職)

・「話を聞いてほしいだけだから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

とにかく話を聞いてほしい、元気づけてほしい、という男性にとって、アドバイスは負担になってしまうかも……。求められない限りは、まず話を聞くことに専念するのが良さそう。

■「見守ってくれるけど、積極的に話を聞いたりはしない」

・「基本的に1人で考えたいから」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「中途半端に聞いてほしくはない」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「干渉してほしくないときもあるので」(31歳/機械・精密機器/技術職)

そもそも、このタイプの男性は相談を持ちかけてこないですよね。普段より疲れているような印象を受けたら、上手に気分転換させてあげるのがいいかも。

■「一緒に悩んで、共感してくれる(アドバイスはしない)」

・「まずは話をきいてくれる聞き上手がいい」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

・「アドバイスをされると、自分を否定されているように思ってしまうので、共感してほしいです」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「話を聞いて共感してくれるだけで救われた気分になるから」(37歳/通信/技術職)

誰かに共感してもらえると、自分自身が肯定されたように感じますよね。自信をなくしがちな男性には、この路線で話を聞いてあげては。

■「話を聞いて、アドバイスをくれる」

・「その人なりに考えてくれたらうれしいと思う」(28歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「別の視点からの意見はちがう考え方を知るのにいいから」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「その問題を解決しない限り、何にもならないから」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)

自分とは別の発想を求めている人は、彼女からのアドバイスも歓迎のようです。どう思う? と聞かれたら、自分なりの意見を伝えてみてもいいかもしれません。

仕事は生活の大半を占める大事なものですよね。それだけに、悩んだり落ち込んだりすることも多いはず。彼にそんな様子が見られたら、まずはそっと見守ることからはじめてみては?

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年6月にWebアンケート。有効回答数105件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]