お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

言葉にせずとも伝わる! 「ベッドインする・しない」のサイン・7選

今日は乗り気じゃない……というときに、「ベッドインするか、しないか」を、言葉にせずに伝えるサインがあるというカップルは少なくないよう。今回は、彼との間でそういったサインを実際に活用している女性たちの実態にせまりました。

彼の家に行くのがOKサイン

・「OKの日のデートコースは、最後に彼の家に行くプラン」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

結婚していたり同棲していたりする場合を除いて、彼、彼女の家に行くこと自体がOKのサインになるというカップルは多いようです。

ボディタッチで合図

・「お尻を触ってきたらイエスのサイン」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「ベットに入る前にあまりボディタッチがなかったらYES、あったらNO」(23歳/医療・福祉/事務系専門職)

「ベッドインする・しない」の合図がボディタッチというのは、受け手にも意図が伝わりやすく、合理的かもしれませんね。

二人の距離感を変える

・「食卓で目が合ったとき、笑顔を交わし合ったらOK、目をそらしたらNG」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「同じソファに座らない、座っていてもNOの日はソファから離れる」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

NOのときには、ちょっと距離を置くという感じですが、目が合ったときにそらされたり、ソファから立ち上がって離れられたりするしぐさに意図を感じるのは少し寂しい!?

OKサイン色々

・「ベッドインOKの場合、今夜の下着の色を彼に聞く」(22歳/その他/事務系専門職)
・「アロマをたくと、OKのサイン」(28歳/情報・IT/技術職)

アロマがOKサインとはムード満点! リラックス効果のあるアロマなら一石二鳥の効果ですね。

今回のアンケートでは、特にサインを決めずにその場の雰囲気で……という声も多くありましたが、2人だけの特別なサインがあるというのもロマンチックですよね。

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数141件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

※この記事は2014年06月09日に公開されたものです

SHARE