お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼氏と別れる時、持ち物をどう折半すると最適なのか?

長く付き合っていた彼と別れる時って、心の痛みもありますが2人で一緒に使っていた物やお互いの荷物をどのようにするか考えるのって結構大変ですよね。

お互いの洋服などはそれぞれ持ち主に返せば良いとしても、一緒に買った物などをどう分けるのかということは考えただけで喧嘩になること間違いなしですよね。

さらにもしも同棲していたとしたら家具やアパートを誰がキープするのかということも考えなければなりません。ここまで来ると付き合っていただけだとしても離婚と同じくらいお金や家の取り合いになってもおかしくはないですよね。

そんな悲しいカップルに朗報です!Nautilusという雑誌が、カップルが別れた時に共同で使っていたもの(オンラインアカウント、一緒に買った雑貨など)をどのようにして折半すべきかということについて最適な方法を紹介しています。

その名も「Fair Buy-Sell」。つまり、平等に売買をするということなのです。やり方は至ってシンプル。例えば、アパートをどちらがキープするかと考えた時は、お互いいくらなら払っても良いかということをまず考えます。

そして、2人が同時に金額を出し合い、金額の高い方が低い金額との差額分を折半した金額を払ってアパートを相手から「買う」のです。

例えば、彼は30万円といい彼女は20万円と言ったとします。差額は10万円なので、彼は彼女に25万払ってアパートを「買う」ということなのです。

アパートを逃した彼女は、元々言っていた値段よりも高い金額を払ってもらえるので損な気持ちになることは少ないでしょう。そして、アパートを得た彼は元々の金額よりも少ない金額の支払いですんだのでこちらも損ではありません。

少し生々しいですが、平等と言えば平等なやり方ですよね。

別れた後に彼と「Fair Buy-Sell」をできるか疑問ですが、持ち物の折半をどうしても強いられている人はこの方法を使ってみても悪くはないかもしれません。

This algorithm is the best way to fairly divide your things after a breakup
http://www.thedatereport.com/dating/breakups/this-algorithm-is-the-best-way-to-fairly-divide-your-things-after-a-breakup/

お役立ち情報[PR]