お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

中野でおしゃれにビアガーデン「中野セントラルビアパーク」は中野エリアで最大の広さ!

バール・コングレッソのビアガーデンイメージ

コングレ、バルニバービ、フットニック、モンテローザは、7月1日より9月30日にかけて、「NAKANO CENTRAL BEER PARK(中野セントラルビアパーク)」を開催する。今年は、昨年の2倍の規模となる広さ約450坪、席数約400席にて実施。

【飲み会で男性から好印象な女子の言動「一杯目はビール」「しゃしゃり出ない」】

ビアガーデンとしては中野エリア最大の広さとなる。

コンセプトは、「ファミリーからオフィスワーカーまで全員が楽しめる洗練された都心のリゾート空間」。緑と開放感が溢れる空間で、おしゃれな屋外ビアガーデンを楽しめる。
また、会場全体の照明は、六本木ヒルズのスカイイルミネーション等を手掛けた、照明デザイナーの内木宏志氏が設計と監修を担当、ノスタルジックな空間を創りあげた。

会場は4つのゾーンに分けられ、それぞれをコングレ、バルニバービ、フットニック、モンテローザが運営。コンセプトは共通としながら各社の特徴を出すことで、4種類のビアパークが楽しめる。

コングレのテーマは「ビール好きのみんながもっとビールを楽しむ」。食材、ドリンク、空間にこだわり、明日への活力となる価値ある空間を演出する。

バルニバービは、運営する「グッドモーニングカフェ」の雰囲気をビアガーデンに活かし、ビールに合わせ、バーベキューや本格料理も提供する。

フットニックのテーマは「世界の人々が集うビアガーデン」。国際色豊かなドリンク、フードを取り揃える。

モンテローザは「リゾート地の屋台」をテーマに、素材を活かした酒場メニューに加え、豊富なドリンクラインナップでバラエティ豊かに展開する。

バルニバービのビアガーデンイメージ

モンテローザのビアガーデンイメージ

フットニックのビアガーデンイメージパース

お役立ち情報[PR]