お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 しあわせ婚準備

女子の理想の結婚式……余興は○○でお願いします!→「女子高の制服姿で登場!」

新郎新婦結婚式では、友人による「余興」も大切な要素のひとつです。余興の雰囲気ひとつで、式全体のできが決まってしまうケースもあり! そう考えると、内容は非常に重要ですよね。女子読者のみなさんが、自分の結婚式の余興で、実現可能かどうかにかかわらず「友人にやってほしい!」と思っていることについて調査してみました。

■みんなでワイワイ

・「ラブアクチュアリーの結婚式のように、みんなで演奏してほしい」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「絶対無理ですが、自分の好きなアニメのコスプレをしてもらえたら、すごいテンションが上がると思います」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「女子高の制服姿で登場。昔が懐かしくて現在の姿で着た制服姿がおもしろそうだから」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

自分の晴れ舞台である結婚式ですが、みんなでワイワイ楽しめるような余興を希望する意見が目立ちました。列席者がコスプレしている結婚式は、親戚ウケはよくないかもしれませんが、友だちウケはよさそうです。今後流行るかも!?

■最近人気の……

・「フラッシュモブ。盛り上がりそうだから」(26歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「べたな取扱説明書。銀行関係の方がおもしろかった」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

近年流行の兆しを見せているのが、これらの余興。どちらも、さまざまなバージョンで楽しむことが可能です。サプライズ的な要素に思わず感動してしまいそうです!

■その気持ちがうれしいです!

・「創作ビデオ。自分たちのために手間暇かけて作ってくれたと思うと、涙が出るほどうれしいから」(29歳/金融・証券/販売職・サービス系)

自分のための「作品」を作ってくれたら、それだけで感動する!という女子も多いよう。手間や時間をかけ自分を喜ばせようとしてくれる、その気持ちが何よりの「お祝い」になるのではないでしょうか。

■贅沢な余興!?

・「全力で紅白ばりに安室奈美恵の『CAN YOU CELEBRATE』を歌ってもらう」(22歳/生保・損保/営業職)

・「アイドルをやっていた友だちが歌って、音大のピアノ科を卒業した友だちがそのピアノ伴奏」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「私の好きな芸能人から祝福のコメントをもらってきてほしい」(27歳/生保・損保/販売職・サービス系)

「あくまで想像」ということで、非常に贅沢な余興を望む意見も目立ちました。こんな余興をしてもらえたら、まさに一生ものの結婚式になりそうです。「無理かも」と思いながらも提案してみることで、意外なツテが見つかるかもしれません。

こんな余興があったら、結婚式が最高に盛り上がるのに……!という、女子の意見はいかがでしたか? 現在、友人の結婚式での余興を任され、内容に悩んでいる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。やりすぎない程度に、喜ばれる演出をしてみてくださいね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数298件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]