お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

専門家に聞いた彼の深層心理。彼が「将来の夢」を語るときは結婚への合図!?

中野とも子

結婚指輪

こんにちは、心理カウンセラーの中野とも子です。
彼の心を読み解く、恋愛読心術シリーズ。

気になる彼とのデートの席でする他愛のない会話。
恋愛初期では、男性は多弁です。

なぜならオメメをハートにしてしまうPEAの多量分泌、それに加えて獲物をしとめたい男性ホルモン、テストステロンのダブル効果により、肉食系男子はガツガツと、草食系男子だってそれなりに、あなたを完全に獲得しようと必死です。

ですから、多弁な恋愛初期男子は、自分のテッパンネタとも呼べるおもしろい話、それから自分を大きく見せるような自慢話ををたくさんします

そして欧米のような、「女性の容姿などを褒める、愛をささやく」などという文化が日本にはあまりないので、男性の恋愛の情熱は「オレって面白いでしょ?」「オレってすごいでしょ!」の会話にむけられがちです。

たいていこの時期女性にもオメメをハートにするホルモンPEAが多量分泌されている時期ですから、そんな彼の話にも「すごいね!」と反応するはずです。

そんなPEA、テストステロンの過剰分泌が収まってくると、男性は急に大人しくなります。それはあなたを愛していないとかそういうこととは別問題で、「あなたを獲得した」というひとつの目的を果たしたためになせる技です。

女性は太古の昔、狩猟に出る男性と違って、居住区近くにコミュニティーを作り、そこで協力しながら生活してきました。

歴史的に意味のないおしゃべり自体をコミュニケーションツールにしてきた女性と、狩猟という「目的」を果たすために言葉を使ってきた男性とでは、もともと言葉のもつ意味が違うのです。

あなたは、あまりチヤホヤされないことに不満でしょうが、その大人しくなった状態の彼こそ、本来の彼です。

ここからが大事なのですぞ。

そんな彼が「将来の夢」について語ったら、あなたは「女の洞察力センサー」をマックス・オンにするべきです。

それには、先に述べた「テッパンネタ」や「自慢話」とはまったく別の、「彼の価値観」のエッセンスが満載だからです。中には、現実感のない話もあるかもしれませんが、その会話の中に、「何を大事に生きているか」を読み取ることは可能です。

それがあなたの「大事なもの」と、一致しているのかが、あなたの人生を彼と共に生きるのかを決める上でとても重要です。

犯しがちな間違いの中で、例の「テッパンネタ」「自慢話」が彼の中枢のように勘違いをして、その中に自分の価値観を投影してしまうことがあります。

しかしそれは、あくまで「あなたを獲得する」という目的達成のためのツールであって、等身大の彼の価値観は反映しにくいと理解しましょう。

ところで、そんな彼が「お母さん」の話をするやいなや「マザコン!?」と疑惑をかける女子がいますが、それは非常にもったいない事です。

世界中でマザコンじゃない男はいない、と考えたほうが賢明です。
もしお母さんを憎むことがあったとしても、それは愛ゆえのことなのです。

ですから、あなたの知らなかった彼の「お母さん」という重要な女性との世界に、「あなた」という存在を加えようとしていること。これは、歓迎すべきことなのです。

もしかしたら、彼はあなたとの「結婚」を視野に入れ始めてるかもしれません。

では、またね!

(心理カウンセラー 中野とも子)

お役立ち情報[PR]