お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 しあわせ婚準備

同棲生活、してみたい女性は36.2%……「だめだったらバツをつけずに別れられる!」(33歳女性)

部屋の中のカップル普通のお付き合い以上、既婚未満の関係といえば「同棲」です! なんとも言えないあま~い響きのあるこの言葉に、あこがれている女性は多いのかも……? メリットもあればデメリットもありそうな同棲生活を「実際にしてみたい!」と思っている女性は、どれくらいいるのでしょうか。調査しました!

Q.結婚生活を送る前に、同棲をしてみたいと思ったことはありますか?

ある……36.2%
ない……63.8%

あると答えた女性は36.2%という結果になりました。その理由とは?

■節約!

・「同棲したほうが結婚資金をためやすそうだから」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

式には多額の費用が掛かります。お互い一人暮らしのカップルであれば、同棲することで生活費を圧縮できそう。節約を一緒に頑張ることで、「結婚」に対しての意識も共有できるのかもしれません。

■効率重視

・「式の準備のためには、別居だと不便すぎる」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

式の準備は、何かと慌ただしいものです。世間では「新婦にばかり負担がかかり、イライラしがち」というケースも多いようですが、もし一緒に住んでいれば、彼も「見て見ぬふり」は出来ないでしょう。効率よく、作業分担できそうです!

■予行演習

・「一緒に生活してみて初めてわかる相性のようなものもあるかと思うので」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「他人同士が一緒に住むのである程度、どういう感じかを同棲で知るっていうのは大事だと思う」(27歳/情報・IT/技術職)

・「同棲をすると、逆に結婚が遠のくと言われることもある。だけど、相手の1日の流れが見られるので、短期間でもした方がいいかなと思う」(29歳/金融・証券/その他)

結婚生活のリハーサルとして同棲したい!という意見が非常に多くありました。デートやお泊まりは、どれだけ回数を重ねても「日常」ではありません。結婚という「日常」をスタートする前に、少しでも安心したい女性が多いようですね。

■テストです!

・「だめだったらバツをつけずに別れられるから」(33歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「離婚は体力がいるときくから、実際に共同生活が送れるかどうか試してみたい」(22歳/生保・損保/営業職)

予行演習よりもむしろ、「テスト」としての意味合いを重視する女性も。同棲期間は、いわば彼の「適性診断テスト期間」です。もし落第なら、すっぱりと別れる! 甘いイメージの同棲生活が、なんだかちがったものに見えてきます!

■親のススメ

・「母が小さいときから結婚前に同棲をしたほうがいいと言っていたから」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

なんと親からのススメで、同棲に積極的な女性もいるようです。なぜお母さんは、それほどまでに強く同棲を勧めるのでしょうか。掘り下げてみることで、意外なドラマが聞けるのかも……?

同棲生活には、無視できないメリットもたくさん! もし「ダラダラと惰性の関係になってしまうのが嫌」と考えるなら、きちんと期限を作るのがオススメです。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数298件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]