お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 しあわせ婚準備

「このデートにその靴はない!」彼にガッカリされる足元ファッションとは

靴を持った女性よく「オシャレは足元から」なんて言われます。ファッションを考える上で、手を抜けないポイントのはず……ですが、あなたは彼とのデートで残念な靴を選んでいませんか? 男性会員のみなさんが彼女とのデートで、「このデートでその靴はちょっと……」とゲンナリした経験について伺いました。

■コーディネートが変!

・「ひらひらのレースのワンピースにスリッポンをはいていた。運動靴みたいだった」(31歳/情報・IT/技術職)

・「暖かい日にブーツをはいてきて違和感を覚えた」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

オシャレをするなら、足元までしっかりとトータルコーディネートしましょう。季節感やトレンド感も重要! 「楽ちんだから」という理由で、いつも同じ靴を履いている方はいませんか? 彼にドン引きされているのかも……。

■アウトドアでは○○がNG!

・「バーベキューにハイヒールを履いてきた」(25歳/農林・水産/技術職)

・「富士山に行こうとしたときにスニーカーで来なかった。なめているし世間知らずと思った」(31歳/金融・証券/専門職)

かわいい自分を見てもらいたい気持ちはわかりますが、アウトドアデートの際には思いっきり楽しめる靴を選んだほうがよさそうです。TPOに合っていて、なおかつオシャレ!という上級テクニックを身に付けるのがオススメです!

■レストランでは●●がNG!

・「レストランに行ったとき、スニーカーだったことがあった。指摘したら喧嘩になってしまった」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「クリスマスのときに、ちょっと高級なレストランに行ったのに、ペタンコ靴だった」(32歳/機械・精密機器/技術職)

いつもよりリッチなレストランでせっかく気合を入れたのに、彼女の足元を見てガッカリ……なんて経験がある男性も多いよう。彼のやる気を損なわないよう、きちんとヒール靴で応えましょう。

■難しいのが街デート

・「街ブラデートにスニーカー。買い物などするし、街を歩くくらいならヒールをはいてかわいい格好をしてほしい」(33歳/商社・卸/営業職)

・「街歩きのデートでヒールの高い靴」(27歳/商社・卸/営業職)

・「たくさん歩く日なのに歩きにくそうな靴できたこと」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

アウトドアやレストランはある意味非常にわかりやすい!? 彼によって対応が異なるのが「街中ショッピングデート」です。「たくさん歩くのだから、ぜひペタンコで」という彼もいれば、「山ではないのだから、オシャレをして」という彼も……。彼の買い物スタイルや考え方から、ベストを探るのがよさそうです。

彼女の靴に対して、アツイ要望を持っている彼は意外と多いよう! 「足元くらい……」と気を抜くのはオススメできません! ぜひオシャレの要として、ファッション別、用途別に敏感に選別しましょう。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年4月にWebアンケート。有効回答数108件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]