お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド雑学 生活

プラス1,000円~で新宿・渋谷どちらでも乗り降り可能! 京王電鉄が新しい定期券発売

新宿と渋谷どちらの駅も乗り降り可能

京王電鉄では、通常の定期運賃に 1,000円(1カ月定期の場合)をプラスした金額で、新宿駅・渋谷駅のどちらでも乗り降りが可能となる定期券を9月1日から発売する。

【連休の家族旅行に備えて!失敗しない「鉄道きっぷ購入のコツ」3つ】

同定期は、定期券区間が「明大前駅以西の各駅(京王線・井の頭線とも)~新宿駅間」の場合、定期券区間に加えて「渋谷駅」で乗り降りできる。また、定期券区間が「明大前駅以西の各駅~渋谷駅間(京王線・井の頭線とも)」の場合も同様で、定期券区間に加えて「新宿駅」で乗り降りすることができる。

発売券種は、PASMOの通勤定期券(1・3・6カ月)。 料金は、大人の場合、1カ月の定期料金プラス1,000円、3カ月の場合プラス2,850円、6カ月の場合プラス5,400円。小児の場合、1カ月の定期料金プラス500円、3カ月の場合プラス1,430円、6カ月の場合2,700円。なお、磁気定期券、通学定期券での発売は行わないとのこと。

5月16日から、同定期券の発売を記念して、愛称を募集する「みんなで選ぼう! 愛称決定戦」を実施している。「プラス one パス」「どっちーも」「デュアルパス」「よりみち定期券」「2WAYパス」の中から1つを選び、キャンペーンサイトから投票できる。投票受付は6月8日まで。

キャンペーンサイトで愛称を投票した人の中から、抽選で京王プラザホテル(新宿)の宿泊券などの賞品をプレゼントする。愛称の決定は、7月上旬を予定している。

お役立ち情報[PR]