お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

無神経な投稿に思わずムカッ! 元彼のSNSにイラッとした瞬間5選

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

元彼と別れたあともSNS上では繋がったままという場合、彼の投稿がつい目に入ってきて困ったということもあるもの。中には元彼の無神経な投稿に、イライラさせられてしまう女子もいるようです。働く女子のみなさんに、「元彼のSNSにイラッとした瞬間」を聞いてみました。

■別れたばかりなのに……

「別れた直後に、楽しそうに飲み会に参加している写メをアップしているのを発見! 女の子もいたのでたぶん合コンかと……。『思う存分、羽伸ばしてます』とアピールしているように思えて、腹が立ちました」(26歳/メーカー)

こちらが傷心で落ち込んでいるときに、浮かれた写真をアップされると気になってしまいますね。でも、かえって吹っ切るきっかけになったのでは?

■ソーシャルのろけ

「新しい彼女とのLINEでのやりとりを、スクリーンショットで撮ってアップしていました。本人たちにとってはおもしろいやりとりだったのかもしれないけど、はたから見たらのろけもいいところ」(28歳/出版)

わざわざスクリーンショットをアップしてまでのろけるとは……。彼らは他人に見せつけたいという思いがあるものなので、見ないのが一番かもしれません。。

■ネガティブ発言

「私がツイートした直後に、元彼が『きもい』とひと言だけツイートしているのを見つけました。たまたまツイートしたタイミングが重なっただけかもしれないけれど、自分に対して言ってるのかなと感じてしまった」(25歳/アパレル)

SNS上での愚痴やネガティブな発言は、別れたばかりの身としては不安になってしまいますよね。

■共通の友だちにリプライ

「元彼と共通の女友だちがツイッター上で頻繁に会話をしています。両方フォローしているので、タイムラインに会話が流れてくるとつい目に入ってしまって……。これだけツイッターで仲よさそうにしているなら、LINEや電話もちょくちょくしてるんじゃないかと思ってしまい、別れてるけど気になってしまう」(26歳/マスコミ)

共通の友人をフォローしている場合に厄介なのが、その2人の間のやりとりがすべて見えてしまうこと。あまりに仲がよさそうな場合、未練がある状態だと落ち込んでしまいますよね。

■つぶやく暇があったら……

「荷物のことで連絡を取る必要があったのに、なかなかメールの返信をくれない元彼。忙しいのかと思って待っていたら、その間にツイッターでたくさんつぶやいていたことが判明。つぶやく暇があるならメールを返せ! と、思わず画面に向かって怒鳴りたくなりました」(30歳/不動産)

メールは返してくれないのに、SNSには投稿している……。「あるある!」と思わず共感してしまうイライラポイントです。

「イライラしてしまうならば、彼のフォローをはずせばいいのでは?」という意見もあるとは思います。しかし、「友だちとしては繋がっていたいから」(28歳/出版)、「こちらからフォローをはずすと、なんだか大人げない気がして」(30歳/不動産)などの理由からSNSはそのままにしているという女子も少なくないようです。SNS上とはいえ、元彼との距離感の取り方はなかなか難しいところですよね。あなたは元彼のSNSにイラッとしてしまったこと、ありますか?

(のでこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]