お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

好き好きアピールがゼロに!? 女子が出会った「豹変彼氏」の特徴5選

付き合う前は親切で頼れる感じだったのに、いざ付き合ってみると、甘えたがりな一面が……。そんな、付き合った瞬間恋人が「豹変」した経験について、働く女子に聞いてみました。

■扱いが手抜きになった

・「明らかに適当に扱うようになった」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「好き好きアピールがなくなった」(24歳/建設・土木/技術職)

・「付き合う前はメールもマメに返してくれてたのに、付き合いだしたら、目に見えてメールの頻度が減った。『仕事が忙しくて』とか言うけど、それは付き合う前から変わらないはずなので、結局はそういう人なんだなと思う」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

付き合うようになると、片思い期間のときよりアピールは減るかと思いますが、好きアピールが激減すると冷めてしまったように見えて心配になりますよね。

■甘えん坊になった

・「しっかりした印象の彼でしたが、2人になると急に甘えだすのでビックリしました」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「クールな感じを装っていたのに、いざ付き合いだしたら甘えたがりだった」(23歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

彼女の前だけで見せる、彼の本当の姿なのかも。これはこれで、彼女の特権!?

■やさしさが減った

・「やさしくなくなった。家政婦みたいに扱われるように」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「最初はやさしかったのに、だんだん自己中になっていって、約束を破ったりひどいことばかりされるように」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

付き合う前のやさしさがウソのように、自己中心的な態度をとられるようになると、ショックですよね。

■ケチになった

・「付き合ってから、超きっちりとしたワリカン主義になった」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ケチで、たかるように」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

付き合う前は毎回おごってくれていた人が、恋人同士になった途端「ワリカンで」と言われるようになると、思わず「え?」と言いたくなるかも。

■束縛するようになった

・「やさしかったはずなのに、付き合った途端にオレ様になり、手をあげられることもあるという友人がいる。別れてほしいけど怖くて別れられないと言っていた」

・「束縛がひどすぎる。急に嫉妬深くなった」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

「豹変彼氏」よりもっとタチの悪い「束縛彼氏」になってしまった、という意見も。多少の嫉妬なら「愛されているんだな」と思えるかもしれませんが、逐一行動を報告しなければいけないような状況だったりしたら、イヤになってしまいます。

「豹変彼氏」について見てきました。いい意味での「豹変」だったらうれしいけれど、暴力をふるうような「豹変」は、絶対にイヤですよね。お付き合いするときは、難しいかもしれませんが、相手が「豹変彼氏」になり得る可能性があるかどうか、しっかり見定めておく必要がありますね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数224件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]