お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

【宮城限定】「年はとっても、心は……ずんだもち」なキティちゃん

全国各地で時にかわいがられ、時に観光客の目を点にさせている、ご当地キティ。そのご当地キティを47都道府県別にご紹介していきます。今回は宮城限定の「年はとっても、心は……ずんだもち」なキティちゃんをご紹介します。

宮城の有名なスイーツといえば、「ずんだもち」。

このずんだもちにもともと使われていたのは、枝豆ではなく、青ばた豆。

最近では冷凍技術が発達したため、年中枝豆が手に入るようになったことから、ずんだと言えば「枝豆」のイメージになっていますが、昔からのずんだもちには、青ばた豆という豆が使われているんだとか!

枝豆は、大豆が若くてまだ緑色のときに摘み取ったもので、枝豆をそのまま成長させると、大豆色になります。

しかし、青ばた豆は成長しても緑色のまま、大人になるそうです。

ハローキティ40周年を迎えても、いつまでもかわいらしくあり続けるキティちゃんと、共通点が多い豆かもしれませんね!

さて今回のキティちゃんも、この宮城名物「ずんだもち」にとってもなりきっています。

器の中をよーく見れば、細かくすりつぶされた豆のツブツブまで。

しかしこのキティちゃん、なんとなく、バス○リンを入れたお風呂につかってるようにも見えなくもない……かも!?

青ばた豆風呂の効果はわかりませんが、青ばた豆にあやかり、いつまでも若くて元気なキティちゃんでいてね!

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]