お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

肉食系は絶滅の危機!? 自分は草食系だと思う男子が79.3%!

「草食系男子」という言葉が世に広まって、はや数年。あのころはもてはやされた「草食系」という言葉も、今となっては当たり前になり過ぎてしまいましたよね。最近では「○○系男子」という言葉も飽和状態に近いような……。そんな状況ではありますが、あえて男性のみなさんに、こんな質問を投げかけてみました!

Q.自分は肉食系と草食系、どちらだと思いますか?

「肉食系」20.7%
「草食系」79.3%

なんと、約8割の男性が「自分は草食系男子です!」という結果に。では何がそう思わせるのでしょうか? まずは今回の少数派、「肉食系」のみなさんから理由を聞いてみましょう。

■攻めていきます!

・「恋愛には積極的だから」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「女性には手あたり次第声をかける」(31歳/農林・水産/販売職・サービス系)

・「直球で行く」(29歳/農林・水産/技術職)

・「よく友人から肉食系だと言われるから」(31歳/学校・教育関連/専門職)

恋愛に積極的な「肉食系」である、と自覚している人の割合は少ないようですが、確実に生息しています! そろそろ「草食系」へのアプローチに疲れた女性のみなさんから、支持を得られそうな気もします!

しかし、今回は「草食系」という声が多くありました。彼らは自分のどんな部分を見て「草食系」と判断したのでしょうか?

■自分からは行きません

・「ガツガツしたのが嫌いで自分からは行かない」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「基本的に自分から誘うことが少ないから。待ちの姿勢にどうしてもなってしまう」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「恋愛にぐいぐいいけないから。合コンでもものすごく消極的で男友だちとばかり話していました」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

どうやら、恋愛に対して能動的な行動を取ることが苦手、もしくはそんな自分が好きじゃない、ということのよう。しかし中には「自分からは行かないから。でも、付き合ったら肉食」(30歳/食品・飲料/技術職)という発言も。これはまさに、一見草食だけど中身は肉食、という「ロールキャベツ男子」の姿ですね。

■女性と話すのは苦手!?

・「女の子と緊張してうまく話せないから」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「女性に声をかけづらいから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「声が出ないときがある」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「積極的な性格ではないし、思っている女の子に話しかけられたらドキドキして何話したらいいかわからなくなるから」(26歳/情報・IT/技術職)

恋愛うんぬんというより、女性とのコミュニケーションそのものが苦手という声も。このタイプのみなさんは必然的に「草食系」となりますよね。しかし、将来訪れるかもしれない「この人は!」という出会いに備えて、少しずつ慣らしておくのもいいような気がします。

■安全第一なんです!

・「安全になるまで手を出さない」(26歳/機械・精密機器/技術職)

・「いろいろなことに警戒しあまり好き放題やらないから」(24歳/商社・卸/営業職)

・「好きな子が自分に興味があるとわからないと強く頑張ることができません。メールしていても、自分に気がないなとわかるとフェードアウトしてしまいます」(29歳/マスコミ・広告/クリエーティブ職)

どうやら、自分に有利な状況になるまで動かない、という男性もいるようです。しかしこれは、まさに女性に多いタイプでは……。

今回、「草食系」という自覚のある男性はかなり多くいましたが、ともすると、ただの「他力本願」の人になってしまう可能性があります。そしてこれは女性にも言えることですよね! 相手任せにして後悔しないためにも、ここぞというときに自分自身を奮い立たせるパワーは持っておきたいものですね。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年4月にWebアンケート。有効回答数111件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]