お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 北欧スタイル

ノルウェーのカフェについて、知っておきたい8カ条「無料Wi-Fiが充実」「ミルクは特別オーダー可能」

コーヒーもパンもおいしい、ノルウェーのベーカリーカフェ「Apent Bakeri」(Photo:Asaki Abumi)

コーヒー先進国として知られる北欧では、街のいたるところにおしゃれなカフェが点在しています。今回は、ノルウェーのカフェを訪れる時に、知っておくと便利な8カ条をまとめてみました。

【墓地の中のカフェがブーム―ドイツ】

1.高品質のノルウェーコーヒー

北欧はコーヒー先進国ともいわれ、国民のコーヒー摂取量が高い国々。クオリティーにこだわるカフェでは、酸味が特徴的な、高品質の浅淹りコーヒーが提供されています。豆本来のおいしさを堪能するなら、ミルクなしのブラックコーヒーがおすすめ。

豆は袋入りでも販売されているので、お土産としても人気があります。

オスロの国立美術館前にあるカフェ「Kaffebrenneriet」で、コーヒー豆をお土産にお買い上げ(Photo:Asaki Abumi)

2.ワッフルやシナモンパンが人気

カフェでは家庭のおやつであるワッフル、シナモンロールなどのさまざまな菓子パンを販売。ヘルシーな茶色の穀物パン、手作りのチョコレートケーキ、にんじんケーキもお試しあれ。クリスマス時期に限定販売されるジンジャーブレッドクッキーも要チェックです!

パンに力を入れているベーカリーカフェも多く、首都オスロでは、「Apent Bakeri」、「Godt Brod」、「Baker Brun」などがおすすめです。

3.無料Wi-Fiが充実

カフェでは無料Wi-Fiが充実していて、店員からパスワードを聞けば自由に使いたい放題。パソコンを持参して仕事や勉強をしている人の姿も多く見られ、観光情報の確認やSNSに写真をアップしたい旅行者にとっても嬉しいところです。

4.おしゃれなインテリアに注目

家具はヴィンテージやアンティークを使用しているお店も多く、イスの色やデザインがすべて異なるお店もあります。木製家具を中心としたカントリー風の店内装飾が多いのも特徴的。キャンドルの飾り方も工夫されていて、貝殻やカラーストーンなどと上手に組み合わせています。

北欧インテリア好きであれば、ぜひアレンジ方法を参考にしてみてください。

5.ミルクは特別オーダー可能

ノルウェーでは、牛乳アレルギーの人が多いこともあり、コーヒーに入れるミルクは特別オーダーができます。メニュー表には記載されていませんが、店員に自己申告すると、一般的な普通牛乳「ヘルメルク/Helmelk」、低脂肪牛乳「レットメルク/Lettmelk」、豆乳「ソーヤ/Soja」と選択可能。

一部ではオーガニック牛乳を通常使用しているお店も。ミルクの種類を変えることで追加料金がかかることは通常ありません。

6.アイスコーヒーは珍しい?

夏になると日本では冷たい飲みものが人気ですが、冬が長く、夏も涼しいノルウェーでは長年ホットが一般的な飲み方とされてきました。老舗カフェでは、今でもホットのみが一般的です。

ノルウェー語でアイスコーヒーは「イースカッフェ/Iskaffe」といいますが、「Stockfleths」、「Fuglen」、「Tim Wendelboe」、「Java」、「Supreme RoastWorks」など、オスロのコーヒー界を盛り上げるカフェでは夏季限定で提供中なのでぜひお試しあれ。

7.北欧コーヒーチェーンの進出がとまらない!

ノルウェーではスターバックスよりも、北欧のコーヒーチェーン店の人気が根強く、ノルウェーにいながらにして、スウェーデン発の「Espresso House」や「Waynes’s Coffee」にも簡単にアクセスができます。

ノルウェー発の「Kaffebrenneriet」もオスロ各地にあるので、旅行中に見かけたらぜひ立ち寄ってみてください。

8.特別なエピソードのあるカフェはここ!

オスロで特別なカフェに行きたいときは、ノーベル平和賞受賞者が毎年宿泊する老舗ホテル「グランド・ホテル」1階にある「グランド・カフェ」にどうぞ。画家エドヴァルド・ムンクなど偉大な人物たちが常連客であった歴史あるカフェで、宿泊客ではなくても気軽に入店可能です。

ムンク美術館内にあるカフェには、ムンクが描いた『叫び』をモチーフとしたかわいい「スクリームケーキ」があり、一緒に記念撮影をしようと旅行客の間で非常に人気があります。

最後に注意事項。ノルウェーのカフェは、レストランやアルコールバーが併用されていない限りは、営業は夕方17時頃まで。国民の英語力は非常に高いので、店員との会話は英語で大丈夫です。北欧旅行中にほっと一息休憩をしたくなった時は、ぜひ現地のカフェに立ち寄ってみてくださいね。

※「Apent Bakeri」の「A」はノルウェー語表記では文字の上に小さい丸、「Godt Brod」のBrodの「o」には右上から左下に斜線が入ります。

●文・写真 鐙麻樹

■著者プロフィール

鐙麻樹(あぶみ あさき)。上智大学フランス語学科2008年卒業。オスロ大学メディア学学科2012年卒業。同大学大学院メディア学修士課程在学中。ジャーナリスト、フォトグラファーとして、雑誌、WEB、旅行ガイドブックを中心にノルウェー現地から数多くの原稿や写真を寄稿。6カ国語の海外ニュース翻訳家、メディア/企業コーディネーター兼アドバイザーとしても幅広く活動中。
ホームページ http://www.asakiabumi.com/
All Aboutノルウェーガイド http://allabout.co.jp/gm/gp/1080/
地球の歩き方オスロ特派員ブログ http://tokuhain.arukikata.co.jp/oslo/

お役立ち情報[PR]