お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

他人を見る目が厳しい!? アラサー独女が「私、性格がキツくなったかも」と感じた瞬間

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

アラサー世代になって、自分の性格が少し変わったかも!? と思う人も多いのではないでしょうか? 人は経験値が増えていけば、自然と人間性も変わっていくものです。そこでアラサー独女に、「自分の性格がキツくなったな」と感じた瞬間について聞いてみました。

■他人を見る目が厳しくなった

・「同僚を見る目が厳しくなった」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「仕事のことで後輩にきつめの口調でしかってしまう」(27歳/情報・IT/技術職)

・「仕事の責任が重くなると同時に厳しくなったかも」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

他人に対して、許せないと思うことが多くなってきた、という意見が多数。自分の経験値が上がったことで、他人にも同じものを求めてしまっているからかもしれません。

■思ったことがはっきり言えるようになった

・「きつくなったというか、何でもちゃんと言えるようになったとは思う」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「以前と比べて、はっきりとものを言うようになった」(28歳/その他/その他)

・「何でも怖がらず、言えるようになった」(26歳/電機/事務系専門職)

誰かの言いなりにならず、きちんと自己主張できるのは、ある意味大人になった証拠と言えそうです。

■イライラすることが多くなった

・「細かいことにイライラしがちになった」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「甘えてる若い子を見ると、イライラする頻度があがった」(31歳/ソフトウエア/技術職)

・「できない先輩社員を見るとイライラする」(27歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

イライラすると、ますます次のイライラを増幅します。心が疲れているんだと思って、あたたかい飲み物を飲んだり、友だちにぶちまけたりして気分転換を心がけましょう。

■逆に性格はまるくなったかも?

・「いろいろなことを経験して、ゆとりができたのか、性格は逆に穏やかになったと思う」(30歳/生保・損保/営業職)

・「むしろ、柔らかくなった気がします。若いときは相手からどう思われているかに必死で、ピリピリしていたので」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「年齢を重ねたことで寛容になった」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

一方、若いころはピリピリしていたけど、年を重ねて穏やかになったという人も。心にゆとりがある人は、他人にもやさしくなれるのかもしれません。

キツいひと言を誰かに言ってしまったあとは、なんとなく自己嫌悪にも似た後悔の気持ちも感じる人も多かったようです。誰でもイライラすることはあるもの。そんなときは気分転換。ひと息ついて心に余裕を取り戻すのも、大切なことかもしれません。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年3月にWebアンケート。有効回答数212件(26歳~34歳。未婚の働く女性)

お役立ち情報[PR]