お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性に聞いた! 喜怒哀楽を表に出す女性vs穏やかな女性、どちらが好き?

自分の気持ちをどう表現するかは人それぞれ。しかし大きく分類するなら、自分の感情を率直に表現する人と、あまり外には出さない人、の二つに分けられるでしょう。では、男性から見ると、どちらのタイプが魅力的に見えるのでしょうか……? アンケートで聞いてみました!

Q.どちらのタイプの女性が好きですか?

「喜怒哀楽をちゃんと表現する女性」49.0%
「感情の起伏がなく穏やかな女性」51.0%

なんと、ほぼ互角な戦い!といった展開に。完全に好みの問題だとは思いますが、それぞれのみなさんの意見を聞いてみましょう。まずは「喜怒哀楽をちゃんと表現する女性」を選んだみなさんから!

<喜怒哀楽をちゃんと表現する女性派>

■分かりやすい女性がいい!

・「性格や考えていることがわかっていいと思います」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「うれしくないときにあまり表情に出してくれないと、こっちからしても、うれしいのかうれしくないのか分からないので、はっきり感情に出してほしい」(26歳/情報・IT/技術職)

・「何に怒って、何に喜んでいるのか分かりやすいので接しやすいから」(27歳/不動産/その他)

女の人は何を考えているのか分からない……そんな男性のみなさんの声が聞こえてきそう! 見ただけで感情が読めれば、確かにある意味安心ですよね。

■一緒にいて楽しい!

・「そのほうが楽しそうだから。怒のときは、黙って怒らず、ちゃんと言い合いをしたい」(29歳/建設・土木/技術職)

・「一緒にいてそのほうが絶対楽しいので」(28歳/建設・土木/技術職)

・「喜怒哀楽があるほうがかわいい」(23歳/電機/技術職)

コロコロと変わる表情は、男性にとって魅力的に映る模様。怒りだって、心に押しとどめて長引かせるより、思っていることをきちんと伝えて早々に解消させたほうがいいのかも!?

では逆に、穏やかなタイプが好き、というみなさんの意見も見てみましょう。

<感情の起伏がなく穏やかな女性派>

■感情が見え過ぎると疲れます

・「感情の変化が激しいと、相手をしている自分が振り回されて疲れそうだから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「けんかをするのが嫌なので、穏やかな女性がいいです。前妻は私の行動に怒ってばかりだったので嫌でした」(29歳/マスコミ・広告/クリエーティブ職)

・「突然キレられてもわけがわからず、こちらもただむかつくだけになりそうだから」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

女性に穏やかさを求める男性にとっては、めまぐるしく変わる「女性の感情の移り変わり」についていくのはちょっとつらいものなのかも……。確かに、一緒にいて疲れる関係は、長続きしにくいかもしれませんね。

■一緒にいると落ち着く

・「感情の起伏がなくて穏やかな女性は一緒にいても疲れないから」(30歳/情報・IT/技術職)

・「お互い、穏やかにいたいと思うから」(31歳/小売店/事務系専門職)

・「自分もそういうタイプなので落ち着いた感じでいい」(31歳/機械・精密機器/技術職)

自分と同じタイプだから、という声が意外と多くありました。やはり穏やかなタイプは同じペースの相手のほうが、安心できるものですよね。

<まとめ>

どちらのタイプが好きかは、結局のところ好みの問題だと思いますが、「感情を表に出す人は騒々しい」「感情の起伏が少ない人は心やさしい」という一面的な見方はできないものです。相手の本質を見る目を持つことも、忘れないようにしたいですね!

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年3月にWebアンケート。有効回答数104件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]