お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 北欧スタイル

人生で一度は体験したい、ノルウェーのオーロラ&フィヨルド紀行

ノルウェーで見るオーロラ Photo: Terje Rakke / Nordic Life – Visitnorway.com / Innovation Norway

北欧旅行では、観光スポットやデザイン巡りなどのほかに、オーロラやフィヨルド観光も人気があります。まるで美しい絵画の中を旅行しているかのような錯覚を受ける、大自然の恩恵。知っていて損はない、オーロラとフィヨルドの基本情報をおさらいしてみましょう。

【男性に聞く!一度でも直接目にしたら人生が変わりそうな神秘的な光景ランキング圧倒的1位「オーロラ」】

■神秘的な光のダンス、オーロラって何?

オーロラはギリシャ神話のアウロラ「あけぼのの女神」が語源とされている、北極圏の空を乱舞する神秘的な光の現象です。スカンジナビアでは「北の光」とも呼びます。

太陽から発せられる太陽風が、地球上の超高層大気に含まれる酸素や窒素の原子・分子に衝突して発生したときに発せられる光がオーロラです。次々と衝突・発光が起こるため、まるでオーロラがダンスしているかのように見えます。

オーロラが観測できるエリアは、地磁気緯度60~70度あたりに位置する「オーロラ・オーバル」と呼ばれる帯の下。カナダやアラスカのほか、北欧ではノルウェー、スウェーデン、フィンランド、アイスランドで観測できます。

フィンランドで見るオーロラ Photo: Jorma Luhta / Leuku / VisitFinland.com

デンマークではオーロラがまったく見られないというわけではないのですが、地理的に観測度が低いので、観光向けではありません。

観測時期は、日照時間の短い秋から冬、9月下旬から4月上旬にかけて。観測地には各地から続々と旅行者や写真家が詰め掛けます。

■フィヨルドって何?

フィヨルドとは、氷河によって侵食されたU字型の谷に海水が侵入した入り江/湾です。水深が1,000mを超えるものもあり、フェリーや鉄道という交通機関を利用しながら、時間をかけて周遊、景色を堪能します。

ノルウェー西部のフィヨルド観光の拠点の町・オーレスンの近くに位置するヨルンフィヨルド Photo: Havard Myklebust – Visitnorway.com / Innovation Norway

フィヨルドはグリーンランド、アイスランド、チリなどでも見られます。北欧では、ノルウェーのフィヨルド観光が最も有名。ツアーも充実しています。ノルウェーの西海岸にフィヨルド地形は集中しており、特に「五大フィヨルド」と絶賛されるガイランゲルフィヨルド(ユネスコ世界遺産の自然遺産に登録)、ソグネフィヨルド、ハダンゲルフィヨルド、リーセフィヨルド、ノールフィヨルドには多くの観光客が押し寄せます。

ノルウェーのフィヨルド観光シーズンは、夏の5月中旬~9月。観光客でにぎわうベストシーズンは6~8月で、9月は観光客が少なめとなり、交通機関の便数も減少傾向となります。ハダンゲルフィヨルドの果樹園が花咲く頃を目指す場合は5月下旬~6月、冬にフィヨルドをどうしても見たい場合はソグネフィヨルドへ。

■オーロラとフィヨルドをノルウェーの沿岸急行船から観測してみよう

ノルウェーの沿岸急行船フッティルーテンは、「世界一美しい船旅」と賞賛されています。観光客船として旅行者の間で大変人気があり、また、市民の足としても機能している定期船です。ラウンジや自分の部屋でオーロラの出現を待つことができ、オーロラ出現時は館内放送がかかることも。

春から秋にかけてはフィヨルドコースを航行します。

ノルウェーのガイランゲルフィヨルドを航行する沿岸急行線 Photo: Andreas Mihatsch / Hurtigruten ASA

オーロラやフィヨルド観測と同時に、ぜいたくに観光も楽しみましょう。交通機関を利用しながら、人気の観光都市にも立ち寄ることができます。

オーロラ観測が可能な国では、犬ぞり、スノーモービル、先住民族サーミ人との交流、クロスカントリースキーという雪国ならではの冬のアクティビティが体験可能。日中に観光をしてから夕方以降にオーロラ観測ができるというのも魅力です。

ノルウェー北部フィンマルク県のアルタでの犬ぞり Photo: Terje Rakke / Nordic Life – Visitnorway.com / Innovation Norway

どれも日本では体験できない、夢のような自然現象。一度の旅行ですべてを体験しつくすことは難しいので、一生のうちに何度か訪れてみてはいかがでしょうか。

※Havard Myklebust氏の最初の「a」は、ノルウェー語表記では上に丸がつきます。

(文・写真/鐙麻樹)

■著者プロフィール

鐙麻樹(あぶみ あさき)。上智大学フランス語学科2008年卒業。オスロ大学メディア学学科2012年卒業。同大学大学院メディア学修士課程在学中。ジャーナリスト、フォトグラファーとして、雑誌、WEB、旅行ガイドブックを中心にノルウェー現地から数多くの原稿や写真を寄稿。6カ国語の海外ニュース翻訳家、メディア/企業コーディネーター兼アドバイザーとしても幅広く活動中。
ホームページ http://www.asakiabumi.com/
All Aboutノルウェーガイド http://allabout.co.jp/gm/gp/1080/
地球の歩き方オスロ特派員ブログ http://tokuhain.arukikata.co.jp/oslo/

お役立ち情報[PR]