お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

日本人が思い浮かべる「さくらソング」ランキング発表 ─ 「CD&DLでーた」調べ

画像はイメージ

音楽情報誌「CD&DLでーた」は、桜が開花し満開を迎える時期にあわせて、10~60代の男女を対象とした、思い出の「さくらソング」ランキングを発表した。有効回答者数は5,306人。

【金持ちはどんな花見をしているの?セレブな花見5選】

今回、全世代を通じて圧倒的な支持を集めたのは、「さくら」(森山直太朗/総合1位)。「学生時代の青春を思い出す」「(自分や子供の)卒業式で歌った」「就職で故郷を離れるときに流れていたから」「歌詞がすごく共感できる。若い頃を思い出し優しい気持ちになった」など、多くの人たちの思い出に結び付いたコメントがあげられ、有効票数の約3分の1を占めた。

また、世代別にみると、10代では「千本桜」(黒うさP feat.初音ミク)、「桜ノ雨」(absorb feat.初音ミク)、「桜の木になろう」(AKB48)といった曲がトップ10内にランクイン。20代以上になると、「さくら」(ケツメイシ)、「SAKURAドロップス」(宇多田ヒカル)などが上位にあがり、30代以上で「桜坂」(福山雅治)が上位に入ってきている。

また、総合18位の「チェリーブラッサム」(松田聖子)は主に40代の得票が多く、「花」(滝廉太郎)、「夜桜お七」(坂本冬美)、「同期の桜」(鶴田浩二)、「さくらさくら」(琴曲)といった楽曲は、50~60代の支持を集めた。

60代で1位となったのが「さくらさくら」(童謡・唱歌)で、唯一、この世代でのみ1位となっている。「日本を象徴する歌だから」「桜の歌はこれしか知らない」「亡き父と花見見物での思い出の曲」といったコメントが寄せられた。

◆思い出の「さくらソング」 総合ランキングTOP20(順位:曲名/アーティスト名)
1位:さくら/森山直太朗
2位:桜坂/福山雅治
3位:さくらさくら/(童謡・唱歌)
4位:さくら/ケツメイシ
5位:桜/コブクロ
6位:SAKURA/いきものがかり
7位:サクラ咲ケ/嵐
8位:花/滝廉太郎
9位:夜桜お七/坂本冬美
10位:SAKURAドロップス/宇多田ヒカル
11位:桜/河口恭吾
11位:千本桜/黒うさP feat.初音ミク
13位:春よ、来い/松任谷由実
14位:桜ノ雨/absorb feat.初音ミク
14位:桜の花びらたち/AKB48
16位:同期の桜/鶴田浩二
17位:さくらさくら/(琴曲)
18位:チェリーブラッサム/松田聖子
18位:桜の時/aiko
20位:Sakura/レミオロメン

お役立ち情報[PR]