お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

最初は許せたけど、今では我慢できない彼の言動「優柔不断」「母親の話が多い」

不満なまなざしの女性何もかもが新鮮で、彼のすべてが愛おしく感じられる。そんなつき合いはじめの状態がずっと続けばいいですが、なかなかそうはいきませんよね。つき合いが長くなれば、嫌な面が気になってくることもあるはず。働く女性に、その心の内を聞いてみました。

■決断しない男は疲れる!?

・「何でもいいよという口癖。いつも私が決めることに疲れるから」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「『自分はいいけど……』。場合によっては責任転嫁のような発言に聞こえるため」(28歳/情報・IT/事務系専門職)
・「優柔不断なところ。年下の彼だったので、私がリードしてもいいと思っていたけど、積もりに積もっていくと、許せなくなった」(30歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

「何でもいいよ」や「君に任せるよ」といったセリフは、最初はやさしい人だと思えます。しかし、繰り返されると、優柔不断に見えてくるのかも。

■高圧的な態度は×

・「人を見下したものの言い方。人間としてどうなんだろうかと思う。子どもの親にはなってほしくない」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「なんでも私のせいにしてくる。自分は悪くないのか? と段々とむかついてきた」(28歳/生保・損保/事務系専門職)
・「上から目線な発言。自分も私に頼っているくせに、感謝を表す言動がなく、自分ばかりが与えている発言を繰り返したから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

家族や彼女といった身内にしか、大きな態度を取ることができない男性は多いものです。それがわかっていても、イラッとしちゃいますよね。

■長くつき合うことを考えると、ちょっと……

・「ネガティブな言動。耐えられなくなってきた」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「お金に無頓着なこと。ちょっとは貯金のこととか考えてほしくなった」(28歳/生保・損保/営業職)
・「親に対して、ばかにするような言動。将来的に自分の親になるかもしれないから」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

彼氏として見るか、結婚相手として見るか。それによって、同じ相手でも見え方が変わることはありますね。

■「甘えてくれてうれしい」は最初だけ!?

・「やたらと甘えてくること。度が過ぎると腹が立ってくるから」(24歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「すぐ甘える。年上の人なのに疲れた」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「甘え。少しだけなら許せるけど、めちゃくちゃ甘えてきたから。年上で職場ではどっしり構えた感じだったのに、甘えがすごすぎたから」(28歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

男性から甘えられて、「私だけに見せてくれる顔」なんてうれしくなるのは、最初だけかもしれません。どこかで頼りがいのあるところを求めているのでしょう。

■彼の背後に見える、ママの姿

・「母親への思いやりがたまに強すぎ。自分をもっと見ていてほしい」(28歳/金融・証券/営業職)
・「母親の話が多い。マザコンなのかな、と感じはじめてしまい、気持ち悪くなってしまった」(26歳/情報・IT/営業職)
・「マザコン発言。あまりにもひんぱんにママの話をするので……」(25歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

母親を大切にする男性は素敵です。ただ、彼女に「マザコン!?」と思わせない程度にしてほしいですね。

■積もり積もれば……

・「自慢話が多いことです。どんな小さなことでもすべて自慢になるので、聞いていて疲れてきました」(30歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「自分の好きなアーティストを、冗談口調だけどちょっと馬鹿にしている言動。何度も何度も言われると、相手は冗談のつもりでもいらいらするし、流せなくなります」(24歳/不動産/事務系専門職)
・「ぽっちゃりとからかわれること。しつこいから。それを承知でつき合ったのに、うるさいと言いたくなる」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

男性のみなさん! 彼女がいつまでも黙って、笑って聞いてくれると思ったら大間違いですよ!!

■食事関連は大問題

・「箸の持ち方。毎回食事のたびに目についてイライラしたから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「音を立てて食べる。気が散る」(30歳/その他)
・「『コーヒーいれて』。家政婦扱いみたいで嫌になってきた」(27歳/商社・卸/営業職)

日々の生活に欠かせない食事の時間。そこにストレスを感じてしまうような相手では、先が心配になりそう。

つき合いはじめのころは、ちょっとくらい欠点が見えても「かわいい!」「そんなところも愛したい!」と思えるもの。その欠点が気に入らなくなってきたときこそ、彼氏への愛が問われるのかもしれませんね。

※『マイナビウーマン』調べ。2014年3月にwebアンケート。有効回答数267件。

(OFFICE-SANGA 森川ほしの)

お役立ち情報[PR]