お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

仕事に対する満足度「今後も勤め続けたい」が約7割、理由は「職場環境の良さ」

「仕事に対する満足度」/継続の意識

与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスターは、全国20~49歳の男女600人を対象として「仕事に対する満足度」調査をインターネットにて実施、その結果を発表した。

【職場の女性とうまくやれてる? 『女子校力』著者に学ぶ「女性コミュニティ」で生き残るコツ】

■仕事を続けたい人は約7割

「仕事に対する継続の意識」は、69.3%が「今後も勤め続けたい」とし、「勤め続けたくない」を大きく上回った。続けたいとする人の内訳をみると、男女別では男性よりも女性が若干上回り、年代別では、年代が上がるにつれて継続の意識が強くなる傾向にあった。

また、「続けたい」という回答が多かった業種は、1位が「飲食店、宿泊業」(85.7%)、続いて「建設業」(84.6%)、「公務」(81.0%)となった。一方で、「続けたくない」という回答は、「農業」「食品製造業」が高く、「運輸業」「医療、福祉」が続いた。

昨今、飲食業会を中心にブラック企業として社名を挙げられている一部企業もあるなかで、飲食業界にやりがいを感じ高い勤労意欲を持つ人も多くいることがわかった。

■続けたい理由の1位は「職場環境の良さ」

「今後も勤め続けたい」と選んだ理由としては、「職場環境がいいから」「安定した会社だから」「やりがいのある仕事だから」がベスト3にランクイン。これらは男女別、年代別、未・既婚別のいずれにおいても高く、続けたいと考える直接的な理由と考えられる。逆に「
続けたくない」と選択した理由は、「給料が低いから」「仕事にやりがいがないから」「職場環境が悪いから」がワースト3となった。

「仕事に対する満足度」/勤め続けたい理由

■転職したい人気の業種1位は「医療・福祉」

「勤め続けたくない」を選んだ人に転職したい業種を聞いたところ、1位が「医療、福祉」(14.7%)、2位が「公務」(12.5%)となった。「医療、福祉」は特に女性を中心に魅力の高い職業として見られているものの、「勤め続けたくない」業種の上位にも挙げられており、実際の現場とのギャップが大きい業種であることがわかった。

「仕事に対する満足度」/転職したい業種

お役立ち情報[PR]