お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ビタミン美容

ビタミンC? UVカット? 「働く女子が実践する『シミ』対策法」

お肌の大敵のひとつといえば、紫外線。今の時期、夏に比べるとUV対策はついつい怠ってしまいがちですが、自分でも気がつかないうちに紫外線ダメージは肌に蓄積されていくもの。いつのまにか「シミ」が増えていた! なんていうことも……。みなさんは、そんなときどんなケアをしているのでしょうか? 働く女子に聞いてみました。

Q.あなたは、肌の「シミ対策」はしますか?
はい……45.7%
いいえ……54.3%

半数弱の人が、何かしらの対策をとっているみたい。では、具体的にどんな対策をしているのか見てみましょう。

■UVカット
・「年中無休で日焼け止めを塗ります」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「季節問わず、外出するときは必ず日焼け止めクリームを塗る」(31歳/自動車関連/事務系専門職)
・「年中、化粧下地はUVカットの効果があるものを使って、紫外線によるシミが増加しないように心がけている」(25歳/金融・証券/専門職)
・「すっぴんでも、日焼け止め効果のある乳液を使って紫外線対策」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

日差しの弱い季節でも、紫外線がないわけではありません。やはり年間通しての日焼け対策は、シミ防止のためにも必要なようです。

■ビタミンC
・「ビタミンC配合の美容液を使います」(24歳/医療・福祉/専門職)
・「ビタミンCの多い食べ物を食べるようにしている」(27歳/食品・飲料/専門職)
・「ビタミンCサプリを摂取しています」(32歳/医療・福祉/専門職)

ビタミンCは、シミの原因のひとつ、メラニンの生成を抑えてくれる働きがあります。化粧水や美容液で直接ビタミンC配合のアイテムを使うのはもちろん、食べ物やサプリメントで、内側からビタミンCを取り入れ、シミができにくい肌にする、という声もありました。

■とにかく保湿
・「シミには肌の乾燥がよくないと聞いたので、クリームで保湿しています」(25歳/医療・福祉/専門職)
・「保湿のためにシートマスクをよくします」(32歳/機械・精密機器/事務系専門職)
肌が乾燥しているのは肌が弱っている状態。そんな肌の状態ではシミができやすくなるそうです。しっかりと保湿をすることは、単なる乾燥予防ではなく、シミの予防にもつながるんです!

■美白化粧品でケア
・「定期的に美白効果のある美容液をつけてシミができるのを防いでいる」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「美白パックをします」(23歳/その他)
・「美白化粧水を使用しています。万が一、日焼けしたときはパックをします」

美白効果のある基礎化粧品を使っている人も多かったです。シミができないようにするのはもちろん、“できてしまった”シミにも効果のあるアイテムを使いわけるといいですね。

シミを増やさないためには、紫外線などで肌にダメージを与えないのはもちろん、日々のスキンケアや規則正しい生活で肌のターンオーバーを正常に保つことも大事。まずはしっかり保湿し、お肌の機能を正常化させるのはもちろん、美白効果のある基礎化粧品や、サプリメントなどの内側のケアもじょうずに取り入れて、「シミ」対策をしていきましょう♪

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年2月にWebアンケート。有効回答数280件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]