お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 デート・カップル

理想の男性との理想的な恋愛や結婚……その果てにあるもの

羽林由鶴

カップルあなたは現状に満足できないと思っていませんか? 理想を追い求めるあまり、「これでいいの?」となんとなく納得できない日々を過ごしてはいませんか?

向上心があるとも言えるけど、現実を受け入れられないのだとしたら、この世はストレスだらけ。決して、理想を持ってはいけないとか、妥協が大事だといっているわけではないけれど、理想と現実を比較し、追い詰められ、苦しんでいるなんて本末転倒。理想を追い求めることが幸せになる唯一の方法なのか? いいえ、違います。むしろ理想を追い求め、手に入れたとしても、その挙句に、あなたに起こることとは……。

■1)理想の女性、理想の妻、理想の母になることへの重圧

理想の男性との理想的な恋愛や結婚……多くの女性が望んでいます。まるでそれが幸せへの必須条件と誤解しているようです。でも現実になれば、実はひとつ大きな悩みが生まれます。理想の彼と「つりあう自分」でいなくてはいけないという思い込みです。彼が優れている人だと思えば思うほど、劣等感を強く抱くという構造です。

彼とつりあうような理想の自分になろうと努力はするものの、この自分への理想がこれまた高く、なかなかありのままの自分を認められません。彼とつりあう理想の女性にならなければ、別れることになるかもしれないというネガティブな重圧が大きなストレスとなります。

■2)これが理想?という間違った選択をしたかもしれないという思い

理想の彼と結婚し、理想の恋愛、理想の結婚をしたはずなのに、どこか満足できない思いが生まれると「もしかしたら間違った選択をしたかも」と不安になります。「理想の男性はほかにいて、その人とならもっと理想的な恋愛や結婚になったのではないか」と思い悩みます。現実に起こるアクシデントやトラブルは想定外、そんなことは考えてもいなかったりするのです。理想の男性と、理想的な恋愛や結婚をすれば、一生穏やかで幸せに満ちた日々が続くというように思い込んでいると、日常におけるちょっとした出来事でも、不幸を感じやすくなります。

■3)不平不満が多くなり、ずっと愛され続ける女性になりにくい

理想をキープすることが目標になると、2人の関係は認め合うものではなくなり、評価し合うものになっていきます。癒しや穏やかな雰囲気を作ることが難しくなって、監視、管理するような緊張感、リラックスしにくい関係になります。相手が、思っていた理想とちがうことをするたびに、あなたの不平不満が積み重なっていきます。それが言葉や態度に出てしまえば、彼に圧力をかけることになります。

隠しているつもりでも表情などに出て、彼に気づかれているかもしれません。自分に対し不平不満を抱えた女性をずっと愛し続けるなんてできません。理想を押し付けすぎ、嫌われていきます。

■4)本当の幸せを見逃して、愛されているという安心感がない。

理想どおりにいっていれば愛されていると感じ、理想どおりと感じないと愛情までも減ったように感じてしまうなら、本当の幸せはわからないままになります。ずっと一緒にいる2人にだからこそ、愛されているという安心感がほしいものです。愛されていると思える根拠になるのは、日々のちょっとした幸せ。日常の何気ない中に、実はたくさんの幸せは隠れています。でも理想ばかりに注目している人には些細なやり取りなど意味もないものに思えるかもしれません。2人のかかわり、些細なやり取りを大事に思わなければ安心感は永遠に得られません。

■羽林由鶴からのメッセージ

理想の彼との理想の恋愛や結婚が、自分を苦しめていくなんて考えてもいなかったのではないでしょうか? 本当の理想ってなんでしょう? もちろんあなたが幸せを感じられなきゃ意味がないよね。理想が何か?なんて試してみないことにはわからないんですよね。理想の男性を探すより、理想の関係を作っていきましょう。理想の関係の2人なら、お互いがストレスの少ない理想的な恋愛や結婚があたりまえにできますよ。

お役立ち情報[PR]