お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

公共の場で目撃してしまった修羅場目撃談「逃げる男性、裸足で追う女性」

別れ話がこじれて大きな声でケンカを始めるカップルなど、公共の場所であるにも関わらず、ついつい2人の世界に入り込み、修羅場を演じてしまうシーンを目撃してしまった人の体験談を集めてみました!

【修羅場を誘うのは、どれ? 彼から言われて納得できない「別れの一言」ランキング】

■人前で大ゲンカするカップル

・「逃げる男性、裸足で追う女性」(31歳女性/生保・損保/営業職)

・「ぼかぼか叩いているカップルがいて、警察が飛び込んできた」(32歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「男性が女性の髪をつかんで引きずり回してた」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「駅のホームで彼女が飛び蹴りしてた」(23歳/医療・福祉/専門職)

いやはや、なんとも過激です。相手のことが好きだからこそ、かわいさあまって憎さ100倍。こうなればもう周りは見えません。

■三角関係のもつれ

・「SCのベンチで「誰その女! だれっ?!!」と男性に向かって女性が怒鳴っていた、余りのけんまくにやじ馬するのも気が引けた」(23歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「元カノと現カノが鉢合わせ」(28歳男性/自動車関連/技術職)

・「飲食店で、カップルの席に浮気相手らしい女性が来て、激しい言い合いをしていた」(32歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「飲み屋で不倫同棲中カップルが、別居中の夫人に電話して修羅場になった」(56歳女性/学校・教育/事務系専門職)

これほど憎悪の炎が燃え上がるケースもありません。自分以外の異性にうつつを抜かすパートナーに怒り100倍!

■何かとドラマが生まれやすい? 駅での修羅場エピソード

・「駅で電車に乗って帰ろうとした彼氏を彼女が力ずくでひき止めようとして、しがみついていた」(26歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「駅で大声でどなりあっているカップルがいた。駅員さんが来てなだめていたが、なかなか収まらなかった」(37歳男性/情報・IT/技術職)

・「駅の構内で口論じゃないけど、2人で正面でにらみ合ってるのを何度か見た事がある」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「電車の中で、彼女がひたすら泣いていた。でも男性は怒っていた。あげく降りる駅で、彼女をつかみ引きずり下ろしていた」(31歳男性/不動産/専門職)

電車に乗ってしまえば「はい、さようなら~」の駅だからこそ、気持ちが盛り上がってなんとかしたい!と思うのかもしれませんね。それにしても、人目をはばからずここまでするなんて驚きです。

■ちょっとかわいい、ほのぼのエピソード

・「ショッピングモールで相手とはぐれたらしく、ちょうど再会できたときに喧嘩をしていました」(30歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)

・「冷蔵庫に入っていたケーキを食べた、食べていないといった事をケーキ屋さんの前でもめていた」(34歳男性/情報・IT/技術職)

犬も食わない痴話ゲンカというところでしょうか。

相手のことが好きであればあるほど、何かトラブルがあったら追求せずにはいられない! そんなときには、もう人目なんて気にしていられませんよね。暴力をふるうのは感心しませんが、こんなにも感情を高ぶらせる相手と出会えた人は幸せなのかもしれません。

※『マイナビウーマン』にて2014年1月15日~22日にWebアンケート。有効回答数684件

お役立ち情報[PR]